「見た目の悪い」バナナを有効活用、オーガニック・スナック事業が急成長

写真拡大

世界中で生産される食料の3分の1は、廃棄されているという。中でも野菜や果物は、廃棄される割合が最も高い。見た目が悪いという理由で商品にできないものだけでも、年間収穫量の平均20%に上る。

こうした食品や資源の無駄を解消するための方法として、「アップサイクル」への注目が高まっている。リサイクルとは異なり、廃棄物になる可能性があった食品を原料として使用し、より高価値の製品を新たに生み出すという考え方だ。

ブラジル出身のカウレー・スプリーシーと、サンディエゴで出会ったマット・クリフォード、ニック・イングレソルは2010年、中南米産のオーガニック・バナナの廃棄量の削減と、”食べずにはいられない”バナナ・スナックの製造・販売を目指し、「バーナーナ(Barnana)」を立ち上げた。

製品の基本となる乾燥バナナは、ブラジルで育ったスプリーシーの家族が1981年から自宅で作ってきたものだ。プロのトライアスロン選手として南カリフォルニアに移り住んだスプリーシーは、そこでも同じ乾燥バナナを作り、友人や各国のアスリートたちに紹介した。

2010年に競技から引退したスプリーシーは、健康的なスナックとして非常に評判がよかった乾燥バナナを世界中に広めるために起業を決意。クリフォード、イングレソルと共同で、事業に乗り出した。スプリーシーは、「それぞれの強みを持ち寄ることで、バランスの取れたチームができた。僕一人では一か月以上かかったことが、3人なら一週間で達成できた」と話す。

3人はまず、ペルー、メキシコ、エクアドルなど中南米の各国を回り、原料のサプライヤーとして提携できる農家を探すことから始めた。スプリーシーによれば、「オーガニック栽培のバナナの輸出量が最も多いエクアドルは、廃棄量も最も多いはずだと考えた」という。

農家との提携の条件は、米農務省 (USDA) のオーガニック認証を受けていること、従業員の労働環境が公正で平等であること、農園での廃棄量を減らすという3人の願いに賛同してくれることだ。

起業から2年間、3人は無給で働いた。そして、全米最大規模のオーガニック製品の展示会、「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ・ウエスト」への出展を果たした。

資金調達にも成功

展示会で大きな成功を収めることができたというスプリーシーによれば、展示会をきっかけに同社は、シードラウンドで30万ドル(約3,399万円)を調達。さらに、オーガニックの専門のホールフーズ・マーケットと. スーパーマーケットチェーンのウェグマンズで、商品を販売することになった。

バーナーナは2012年以降、急成長を続けており、2013〜16年の年平均成長率は139%を記録している。彼らの考え方の中心にあるのは、持続可能性だ。製品のコンセプトから製造まで、採用するのは自社で仕入れた廃棄物になるはずだったオーガニックのバナナだ。

バーナーナの商品である「オーガニック・チューイー・バナナ・バイツ」は、いずれもUSDAのオーガニック認証を受けている。フレーバーはオリジナル、チョコレート、ココナツなど6種類。グルテンフリーで、遺伝子組み換え食品は不使用。ビーガン食品であり、ユダヤ教が食品に関して定める規定を満たしていることを証明する「コーシャ認定」も受けている。また、今春には新商品も発売の予定だ。