今年リリース予定のiPhone8は、より感度の高い3D Touch機能を持った、柔軟性のあるフレキシブル有機EL(OLED)パネルを全面に搭載するとの予想を、Apple関連製品の予測に定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏が明らかにしました。

フレキシブルOLED、フィルムセンサー、メタルの3層構造

iPhone6s/6s Plusで搭載された3D Touch(感圧タッチ)は、画面を押す強さによってさまざまな操作ができる機能です。クオ氏はiPhone8では、3D Touchのために、従来のフレキシブルプリント基板(FPCB)よりもさらに感度の高い、フィルムセンサーが採用される、と述べています。
 
またコーナーを曲げることが可能なフレキシブルOLEDが全面を覆い、ベゼルフリーになるとクオ氏は見ていますが、フレキシブルOLEDの場合、そのまま押すと画面がへこんでしまいます。そのため、パネルの下にフィルムセンサーを入れ、その下に金属をしいた構造になるとのことです。
 
したがってホームボタンは、画面内に埋め込まれると見てよさそうです。

いずれは顔認証システムへ完全移行か

またクオ氏は、従来のホームボタンで指紋認証を行なうシステムは、Appleがこれまで申請してきた特許から見ても「いずれは顔認証に取って代わる」と考えています。
 
ただし顔認識だけで認証を行なうには、アルゴリズムやハードウェア設計、認証に用いるデータベースなど技術的な課題も多いため、完全に顔認証へと移行する前段階として、指紋認証と顔認証を組み合わせたシステムを採用する可能性もある、とクオ氏は見ています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)