<キャリアビルダー・チャレンジ 3日目◇21日◇PGAウエスト他>
米国男子ツアー「キャリアビルダー・チャレンジ」は予選第3ラウンドを行い、メイン会場となるPGAウエスト・スタジアムコースをラウンドした石川遼は5バーディ・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“72”でスコアを伸ばせずトータル6アンダーでホールアウトした。
石川遼の写真がいっぱい!第2Rフォトギャラリー
石川はスタートの1番パー4でティショットのミスからトリプルボギーを叩き3つスコアを落とす立ち上がり。それでも、5番のパー5でバーディを奪うと、7番では約93ヤードのセカンドをピン1メートルにつけてバーディ。続く8番パー5もバーディとして、出遅れを取り戻すと後半は10番、12番とバーディを奪い返した。しかし、スコアを伸ばしたい16番のパー5では3打目をグリーン右に外すと、アプローチも寄せきれずダブルボギーとした。
ビッグスコアで首位に浮上したのがアダム・ハドウィン(カナダ)。ラキンタCCを回ったハドウィンは2番から6連続バーディを奪って一気にリーダーボードを駆け上がると、9番もバーディとして前半を29。さらに後半も11番から5連続バーディを奪うなどスコアを伸ばし、“59”を叩きだして見せた。「ソニーオープン・イン・ハワイ」初日にジャスティン・トーマス(米国)がマークして以来ツアー8人目の50台達成選手となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>