鹿島MF柴崎岳、ラス・パルマスと週明け合意の可能性

写真拡大

▽鹿島アントラーズに所属する元日本代表MF柴崎岳(24)の海外挑戦が来週にも決定する可能性が高まった。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽報道によれば、ラス・パルマスはパリ・サンジェルマンに所属するスペイン人FWヘセ・ロドリゲスの獲得交渉が難航。そのため、一時的に中断していた柴崎獲得のプランBに再びシフトしたという。

▽まら、ラス・パルマスは柴崎をいち選手として評価している他、加入による日本のマーケット拡大を視野。クラブのブランド力向上だけでなく、財政面への効果が見込まれているようだ。

▽なお、柴崎に関しては、ラス・パルマスの他にもスペインの数クラブが関心を示している模様。しかし、現時点でラス・パルマスがリードしており、来週中の合意を目指しているとのことだ。