新しい年を迎えたら、近くの神社やお寺に行って初詣に行くのが日本人。しかし、明日でいっか……と先延ばしにしているうちにあっという間に1月も終わりになってしまった!! なんて人はいませんか? でもまだまだ大丈夫! 実は旧暦の新しい一年の始まりは2月3日の節分以降、2月4日の立春になるんです。

余裕をもって初詣へ!

一年の始めは旧暦である立春を指す場合があります。立春は陽暦の2月4日ごろで節分の次の日になります。12月31日が大晦日なら2月3日が旧暦の大晦日みたいなもので、2月4日が新しい年の始まりとなります。
そのため、わざわざ2月3日の節分以降に初詣に出かける人もいるんですよ。新年はなにかと忙しかったためにまだ初詣に行っていない人も、2月3日以降に余裕をもってお参りにって見るといいかも。

節分で一年の締めくくりをする

2月3日は節分ですが、豆まきをして鬼退治をするイメージがありますよね。それもそのはず、節分は悪鬼や邪気を払うためのもの。新しい年を迎えるために厄払いをすることが目的とされています。
そして、もうひとつの行事が巻きずしの丸かじり。2017年の恵方(吉方)は北北西です。新しい年が良い年になるよう願いながら丸かじりをして、おいしく恵方巻を食べておきましょう。

まずは氏神様へ

どこの地域にも近くに神社があるかと思います。初詣をする場合は近所にある氏神様へご挨拶しておくといいと言われています。氏神様はその地域一体を守護してくださっている神様です。これから一年間の祈願をするなら、まずは近くの神社へご挨拶をしにお参りに行きましょう。また、お参りできる神社はひとつだけというような決まりはありません。氏神様へのお参りが済んだら、各所にある有名な神社やお寺、七福神めぐりをするのもオススメです。

今年こそ出会いが欲しいなら、出雲大社

いい加減今年こそは良い出会いが欲しい! そんな人は縁結びにゆかりのある神社へいくのがいいかもしれません。人気の縁結び神社と言えば島根県にある出雲大社。良縁を引き寄せてくれる神様として、日本だけでなく海外からも観光客が押し寄せる人気スポットです。良い出会いと言っても、恋愛だけにとどまらず良き友や師に出会いたいと思っている人も、ぜひ一度足を運んでおきたいパワースポットです。全体的な良い人間関係を結んでくれる神様です。

やっぱり金運をアップさせたいなら、黄金山神社

金運アップに一度は行ってみたいのが、宮城県にある金華山の黄金山神社。3年連続してお参りに行くことで生涯お金に困らないという噂のある神社です。山頂にある奥社までいく山道があり、その道中で蛇に出会うとまた強力な金運パワーをゲットできるのだとか。筆者の知人も3年連続して参拝し、さらに蛇にも出会ったと言っていました。
本人も「確かにお金には困っていない……」なんて言葉が! 金運をアップさせたい人は、今年から3年間連続して黄金山神社に参拝しに行ってみては?