トイレで女子が考えてるコト・6選

写真拡大

狭い個室の中で、自分一人だけの時間を満喫できるのが「トイレタイム」です。非常にわずかな時間ですが、この間に考え事をして、有効活用している方も多いはずです。イマドキの女子のみなさんが、トイレの中でいったいどんなことを考えているのか。ちょっとくだらないけれど知りたい事実を女子アンケートで調査しました。

(1)ToDoリスト作成中

・「トイレから出てからする用事をイメージする」(31歳/その他/その他)

・「今日のスケジュール、一週間の体力維持のため力を入れるところ抜くところ。イベントごとがあれば、それの準備」(30歳/医療・福祉/専門職)

それまでやっていたことから完全に切り離され、思考を整理できるのがトイレの個室の中なのでしょう。状況をあらためて見つめなおし、ToDoリストを作成できたら、トイレタイムの後もテキパキ行動できそうです。

(2)ちょっと先の未来のこと

・「明日、何しよー、晩ご飯何しよー」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「テレビ・ビデオ何を見ようかなとか、今日のご飯何にしようかなとか」(32歳/その他/その他)

ほっと一息ついた瞬間だからこそ、少し先の「楽しいこと」を考える女子も多いよう。こんな時間を大切にすることで、「よし! もう少し頑張ろう!」なんて思えるのかもしれませんね。

(3)健康管理

・「今日何回目のトイレか。何回ぶりの排便か」(26歳/その他/その他)

・「トイレが近いなぁ。最近大きいほう出てないなぁ」(31歳/その他/その他)

毎日のトイレタイムは、自身の健康を管理するうえで非常に重要な意味を持っています。特に便秘で悩む女子にとっては、自分のトイレリズムを把握しておくことも大切なミッションだと言えそうです。

(4)ぴかっと光る主婦目線

・「ほこりや汚い場所を見て、掃除したほうがいいなーと考える」(31歳/その他/その他)

・「そういえば、トイレ掃除いつしたっけなあ」(34歳/その他/その他)

トイレに座った瞬間の目線は、掃除中のそれとは異なることも多いはず。ちょっと手持ち無沙汰な時間だからこそ、掃除が行き届いていないところをチェックしておくことで、よりピカピカのトイレをキープできるのではないでしょうか。

(5)完全オフモード

・「何も考えてないか、歌を歌っている」(25歳/食品・飲料/営業職)

・「疲れたなぁと思っていることが多い」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

トイレの個室に入った瞬間にスイッチオフ! 完全オフモードへと移行するという意見も多くありました。トイレの中でまで、細かい考え事なんてしたくない!というのが、忙しい女子たちのホンネなのかも……? 出るものも出なくなってしまいそうです。

(6)考え事よりも……

・「ケータイを使ってゲームしてしまいます。あまりじっとしてないかも」(31歳/金融・証券/営業職)

・「トイレに入ったら基本スマホ触って何も考えてない」(27歳/その他/その他)

たとえわずかな時間であっても、考えるより動きたい!? スマホが登場したことで、「トイレの中でできること」も格段に増えました。時間の有効活用にはつながりそうですが、「夢中になり過ぎて出られない!」なんてことにならないよう、注意してください。

<まとめ>

トイレの中の時間をどう使うのかは、人それぞれ。どんな風に使うのかに、その人の個性が表れるのかもしれませんね。気になる「考え事」があれば、真似して取り入れてみるのもアリかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日〜2017年1月4日
調査人数:197人(22歳〜34歳の女性)