経験を重ねた年上の男性を、魅力的に思う女子も少なくありません。もし素敵な男性や上司に言い寄られたら……つい誘いにのってしまうかもしれませんが、その人が既婚者だった場合、あなたが奥さんから慰謝料を請求されるなど大変なことになる可能性もあるのです!

ここでは、男性が不倫相手として狙いやすい女子の特徴に合わせて、甘い言葉に騙されないための方法を見ていきましょう!


不倫に誘われやすいのは頑張り屋さんの女子


常に仕事に一生懸命の女子は、「いつも頑張っているね」「大変だと思うけど……」と優しい声をかければ簡単に落とせると思われています。仕事に真面目であればあるほど心に隙間ができやすいもの。不倫男は自分の経験から女子のその隙間を察知し、うまく埋めようとしてくるのでしょう。とくに、普段厳しい上司から突然優しい言葉をかけられると、普段の頑張りが認められたように思えてしまい、つい騙されてしまうこともあるかも!?

不倫相手にならないために


そんな頑張り屋さんの女子が、不倫男の魔の手から逃れるためには、仕事以外に楽しめる場を作っておくことが大切。フットサルなどのスポーツに参加したり、同世代の友人と会う機会を増やしたり……不倫男が好む「心の隙間」を埋めてくれるものを、一つでも作っておきましょう。

秘密を守れそうな女子は狙われやすい



不倫は絶対にいけないこと。とくに上司と部下の関係であれば、バレたら大変なことに。そんな時、不倫のことに関して「内緒だけど、実は……」と言ってペラペラしゃべってしまいそうな口の軽い女子は絶対に選びません。普段からあまり口数が多いタイプではない、おとなしくて口の堅そうな女子は、不倫相手として最も適しているのです。

不倫相手にならないために


あまり人と話をするタイプではないという人は、上司も閲覧できるようなFacebookなどのSNSを頻繁にアップしてみてください。
不倫男は秘密ごとを守れない女子だけでなく、自分の行動を逐一SNSにアップする女子も警戒しています。なぜなら、自分と行った場所や自分を匂わすものをSNSにアップされると困るから。SNSを有効に活用することで、不倫の対象からは外されるでしょう。

ブランド好きな派手女子も不倫相手にぴったり?


ブランドが好きな女子も要注意。大人の男性は同世代よりも財力は格段に上です。実際に不倫をしている女子の中には、高級なものをプレゼントしてくれるからという理由で不倫をしている人も……。こんな女子がいるからということもあって、ブランド物をエサに不倫関係を要求しようとする男性は後を絶ちません。

不倫相手にならないために


ここで、「ブランド物を買ってくれるなら、不倫相手になってもいいかな」なんて考えがよぎった人は要注意! よく考えてみてください。10万円そこそこのブランド物のバッグは確かに手に入るかもしれませんが、バレたら慰謝料は200万円以上請求されるかもしれないんですよ! それでは逆にマイナスになっちゃいますよね。

「この女、高級なブランドのものをプレゼントしたら簡単に引っかかりそう」と思われるだけなので、年上の男性と会う時はブランド物ばかりを身につけるのはやめておいたほうが吉! 普段の仕事の時も、ブランド物で固めるのはやめておきましょう。

不倫男は田舎出身の女子が好き!



田舎出身の女子の中には、都会の生活に憧れている人も多いのではないでしょうか。突然六本木のビルの最上階にあるレストランに連れて行かれたり、有名ホテルを予約されたりするとそれだけで好奇心に負けてしまうもの。

実際にど田舎出身の筆者も経験があるのですが、田舎者は「ラグジュアリー」に弱い、ということは経験豊富な不倫男にはバレているんです。

不倫相手にならないために


残念ながら、田舎出身の女子はスタイリッシュでラグジュアリーな誘いを断るのには相当な強い意志が必要です。しかし、いくら経験のある男性だとしても、田舎っぺ丸出しの女の子は連れて歩きたくないでしょう。

筆者は「六本木の高級フレンチに行くから」と言われていたにもかかわらず、ジーンズで出向いて相手をげんなりさせたことがあります。食事に誘われた際は「ナメられたくないから」と気合を入れるより、普段の格好でいけば不倫への誘いは少なくなるでしょう。相手が上司であるならば、普段から品のなさをアピールしておいてもいいかもしれませんね。

不倫男が好む女子の特徴、いかがでしたか? もちろん「私は絶対に断れる」と自信がある人はいいのですが、実際にそう言った状況になると、案外断るのは難しいものなのです。当てはまる! という人は、不倫に誘われる前にしっかり対策をしておきましょう!
(彩香)