2017年に相場の主役になる「テーマ株」ベスト10! 仮想通貨、人工知能などのど真ん中銘柄だけでなく、 その周辺にある“隠れ恩恵銘柄”にも注目しよう!

写真拡大

2017年、日本の株式市場を牽引する「テーマ株」は?いったん人気化すると、株価が大きく上昇するのが「テーマ株」で、2016年にもさまざまなテーマ株が相場を賑わせてきた。果たして2017年はどんなテーマが有望なのだろうか!?

1月21日発売のダイヤモンド・ザイ3月号では、日本株の大特集「2017年の主役たちが揃い踏み! 最強日本株番付」のなかで、投資のプロ30人が選んだ「2017年相場を牽引する主役テーマBEST10」と、そのポイントを紹介している。ここでは、その10大テーマをドーンと全部公開! 投資先を検討する際の参考にしてみてほしい!

主役テーマど真ん中以外の「隠れ恩恵銘柄」にも注目しよう!

 成長期待が持てる「テーマ株」は、人気化すれば、短期で大きく儲けやすいというメリットがある。そこで、プロが選ぶ2017年の注目テーマをランキング形式で紹介したのが、以下の図表だ。

 1位となったテーマは、「仮想通貨・フィンテック」。スマホでの電子決済が日常化したように、2017年の仮想通貨取引は8兆円とも言われ、話題先行ではなく今後数年にわたり高い成長が期待できるテーマだ。

 ちなみに、テーマ株を狙う時は、ど真ん中銘柄だけでなく、周辺の隠れ関連銘柄も狙い目となる。例えば2位にランクインした「人工知能(AI)」は、自動運転や翻訳、省力化ニーズなど様々な有望テーマとも関連がある。3位の「カジノ法案の可決」は、ゲーム関連だけでなく、訪日客の増加によるホテル需要の拡大や、大型クルーズ船就航を意識した港湾設備関連などにも追い風だ。

 中長期で有望なテーマとしては、5位の「株主還元の強化」や、生産性を高める6位の「事業再編・M&A」などに注目。ここ数年、株主還元の強化は株価を押し上げる効果が強く、その流れは2017年も継続する。特に「意外な企業」による増配や自社株買いは歓迎されるはずだ。

各テーマの関連銘柄の情報は、ダイヤモンド・ザイ3月号で!

 ここまで紹介してきたテーマ株ランキングは、1月21日(土)発売のダイヤモンド・ザイ3月号に掲載されている大特集「17年の主役たちが揃い踏み! 最強日本株番付」から抜粋したもの。同特集では、日本株を「5万円株」や「10万円株」「高配当株」「大型株」などのジャンルにわけ、2017年の主役株72銘柄を紹介している。前述の注目テーマに関連する具体的な銘柄もたっぷり掲載しているので、気になる人は是非チェックしてみてほしい。

 ダイヤモンド・ザイ3月号は、日本株の特集のほか、投資信託を取り上げる「最強投信27」、最新の「確定申告特集」など、今回もマネー情報が盛りだくさん。別冊付録は「株主優待ランキング」で、人気の食品・飲料、食事券をはじめとしたタイプ別の株主優待銘柄(計119銘柄!)をランキング形式で紹介している。優待名人の桐谷さんおすすめの株主優待銘柄もたくさん公開。ダイヤモンド・ザイ3月号は、全国の書店やアマゾン、楽天ブックスにて発売中。