発言小町に「もーっ告白が早い!」という投稿が寄せられました。トピ主さんは33歳女性。出会う男性たちが、総じて2回目のデートくらいで早々に告白してくることに困っています。「正直2回食事に行ったくらいではお互いのことなんて分からない」と考えるトピ主さんは、「もう少しゆっくりお互いを知りたい」と伝え、その後も何回か会ってみました。しかし、相手の気持ちがプレッシャーになって結局お断りしたり、向こうから切られたり……ということが4人連続したとか。

自分のペースばかりで、私がどう思うかなんて考えてくれない男性ばかりだと感じてしまい、「新たな出会いに前向きになれません」と心境をつづっています。


早々に「告白」をする人の気持ちは? 考えられる理由


「贅沢な悩みのように聞こえるかも知れませんが、本当に困っています」とトピ主さん。男性たちは、なぜ2回目のデートで「付き合ってください」と告白してきたのでしょうか。5つの可能性を推測してみました。

1.「お互いに好感を持ちあえているなら、これから仲良くなってみませんか?」という“提案”だったから


社会人になると、用もなく異性と頻繁に顔を合わせる機会が少なくなるため、なかなか学生時代のようには“自然な形”で好きになることが難しい、という意見をよく見聞きします。「付き合う」という約束を取り付けないまま会っていた異性と、いつのまにかフェードアウトしてしまう……なんて経験をする人も。

そのため、「まずは付き合ってみて、一緒にいるなかでお互いを本気で好きになったら将来も考えませんか?」といった“提案”のような形での告白をする人もいるようです。トピ主さんも、その4人との出会いは街コン、親戚からの紹介、Barなどだったそうですね。自然に何度も会うことが難しい関係のため、男性陣は好意のあるトピ主さんと、「今後も会って関係を深めていきましょう」という約束を早々に取り付けたかったのかもしれません。

2.「きちんと早めに告白することが誠実」だと考えているから



世の中には、トピ主さんとは逆に「デートをしている男性がなかなか告白してくれない」と悩んでいる女性もたくさんいます。結婚を意識する年齢になると特に、「付き合う気のない異性と何度もデートするなんて無駄、非効率だ」と考える人もいるほど。

そのため、「あなたとちゃんと付き合いたいと思っています」という“誠意”を示すために早めに告白する……という人もいます。トピ主さんに告白した男性のなかにも、そういう考えの方がいたのかもしれません。

3. トピ主さんの態度が、男性の「獲得心」を刺激するから


昨年出会った男性たちについては、「超が付くほどの肉食系男性達」と称されています。そして、トピ主さんの第一印象は、「クール」「姉御」「しっかりしてる」が鉄板とのこと。彼らがもし本当に肉食系だとしたら、そうしたタイプは簡単に自分になびかない女性であればあるほど、どうにか手に入れようと躍起になる……といった傾向もあるようです。

トピ主さんが、デートをしても簡単に恋愛モードにならないからこそ、男性たちはトピ主さんを“獲得”したい気持ちが盛り上がり、告白を急いだのかもしれません。

4.「すぐにでも結婚したい」と考える人ばかりだったから



「結婚したい思い」が募っている男女は、関係をスムーズに、早急に進めていきたがる人も少なくありません。男女問わず、「今すぐに結婚したくてたまらない」という人たちからは、「知り合って1〜3か月でゴールインでもいい」といった声も聞きます。トピ主さんが出会った男性たちの中にも、「とにかく結婚したい」という状況のため、告白を急いだという人もいるかもしれません。

5. ちゃんと「付き合おう」と言えば、女性が心を許すだろうと思ったから


トピ主さんのいうように、その男性たちが肉食系で、中でも特に“適当に女性をもてあそんでいるようなタイプ”だったとしたら。「付き合おう」と言いさえすれば、女性は心を許すだろう……という算段があって、早々に告白をしてきたという可能性もあるでしょう。

今回の経験を経て、「自分が望んでいる男性像」が明確になったはず


のちの投稿には、「立て続けにこんな事があったので逆に男性に騙されてるんじゃないか、バカにされてるんじゃないか…など、言葉の裏を読もうとして疑心暗鬼になり、ますます男性を好きになりにくくなりました」といった記述も見られます。

トピ主さんは前項5のようなケースが続いた、という認識なのでしょう。ただ、どの方も一応は「きちんと告白をしてきた」とのこと。「騙そう」「バカにする」なんて意図はなかった方も中にはいるように思いますが、いずれにせよ、トピ主さんが「早々と告白してくるのが不快だ」と感じたのは事実。その気持ちは、今後のお相手探しの大きなヒントになるはずです。

「自分の気持ちばかり押し付けられ、私がどう思うかなんて考えてくれない男性ばかり」「こちらのペースを考えてくれないので自己中な人達に感じてしまいます」ともありますが、今回のことでトピ主さんは、「ちゃんと相手の気持ちにも配慮でき、相手のペースや気持ちも考えながらアプローチしてくれる人を望んでいる」という明確な事実に気づけたのではないでしょうか。

「私はこういう人と出会いたい」という像がはっきりしていると、今後そうした異性に出会ったとき、迷いなく「この人だ」と確信できやすいです。「結婚のことを考えながらだと窮屈になってしまうので、少しでも好きだなぁと思える方とお付き合いしたい」ということから、トピ主さんは「結婚すること」よりも、まずは「恋愛感情が持てること」を重んじていることもしっかり自覚できたはず。それは大きな収穫ではないかと思います。

「ぴったり来る人にまだ出会ってないだけ」「私には合わない価値観だった」と捉えてみよう



望まないことばかりが起きると、ネガティブになってしまう気持ちもよくわかります。でもトピ主さんと同様に、「相手のことをちゃんと好きになってから付き合いたい」と思っている男性も、世の中には必ずいます。

「自分が思うような相手に、まだ出会ってないだけ」と考えてみませんか? 「道のりは長くても、いつか出会うだろう」と構えていれば、望まないアプローチが続いても、男性全員を疑ったり、恨んだりする必要まではないはず。シンプルに、「昨年出会った男性たちのアプローチが、トピ主さんの心を動かさなかった」という事実だけを受け止めていきましょう。

それに、トピ主さんには“自己中”に見えたとしても、本気で付き合いたいと思って一生懸命アプローチをしてきた男性もいたかもしれません。他人は自分と同じ価値観や基準で動いてはいないもので、「そういう人(早く告白したがる人)もいるのだな。でも私には合わない価値観だな」くらいに捉えれば、ストレスに感じずに笑顔でいられるはず。

疑心、批判、絶望といったネガティブな気持ちには、できるだけ心を支配されないよう努めたほうが、何よりトピ主さんにとってプラスだと思います。

今後は男性と知り合ったら、可能な限り早い段階で「私はちゃんと好きになった人と付き合いたい」「焦らず、ゆっくり関係を深めていくつもりです」とアピールしておくのもいいかもしれませんね。新しい一年、前向きな気持ちでスタートしていけますように。応援しています。
(外山ゆひら)