「NGT48 1周年記念コンサート in TDC〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜」より/(c)AKS

写真拡大

新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48のCDデビュー(タイトル未定)が2017年4月12日に決まった。

【写真を見る】太もももあらわに、セクシーなメイド服ふう衣装に身をまとった中井りか。渡辺美優紀(元NMB48)のソロ曲「わるきー」のカバーとして「わる姫」を歌った/(c)AKS

これは、1月20日にNGT48劇場オープン1周年を記念して行われた「NGT48 1周年記念コンサート in TDC〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜」(TOKYO DOME CITY HALLにて開催)内で発表されたもの。ライブ中、大型液晶画面にフリーアナウンサー・徳光和夫が登場。1stシングルの発売日ともに、選抜メンバーがNGT48チームNIII(エヌスリー)の16人となること、センターは19歳の中井りかが務めることも合わせて明かされている。

突然の発表を受けて、中井は「私で務まるか本当に不安ですが、精一杯頑張るので、みなさん応援よろしくお願いします…」と不安そうにコメント。NGT48のキャプテンを務める北原里英は、そんなに中井に「みんなで支えるから!」と励ましの言葉をかけていた。

なお当日のコンサートは、NGT48にとって初めての単独開催となった。オープニングでは、メンバーの高倉萌香が東京駅にて上越新幹線新潟行き「Maxとき315号」に乗車する映像が大型液晶に流れた後、ステージでは高倉センターのNGT48オリジナル曲「Maxとき315号」が披露された。

その後、AKB48各グループの楽曲や欅坂46「サイレントマジョリティー」のカバーほか全32曲(アンコール含む)をパフォーマンス。ライブ本編の上演時間が「Maxとき315号」の東京新潟間の所要時間と同じ2時間7分となる趣向などで、ファンを大いに喜ばせていた。