“ちびっこ石油王”の特別映像も披露 (C)クリエイティブネクサス

写真拡大

 中川学氏による実録コミックを実写映画化する「くも漫。」の予告編が、このほど完成した。風俗店で絶頂を迎えた瞬間、くも膜下出血を発症し生死の境をさまよった男を描く。映像では主人公の中川が倒れる模様と、社会復帰の可能性30%という闘病生活を送る様子を映し出し、最後は美人女医が救急隊員たちに「(中川は)どこで倒れていたの?」と問い詰めるひと幕で締めくくられている。

 29歳の中川は長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得た。初めて人生の歯車がかみ合い始めた高揚感と、抑えきれない性欲に駆られた中川は、風俗店「オフィスっ娘 倶楽部」へ繰り出し、No.1の風俗嬢ゆのあと出会う。至高のサービスに絶頂を迎えるはずが、くも膜下出血を発症。大手術の末一命は取り留めたものの、中川は風俗店で倒れたことを家族にひた隠しにする。

 カルト的人気を誇るピン芸人・脳みそ夫が映画初出演かつ初主演を飾り、「ローリング」の柳英里紗が風俗嬢ゆのあ役で共演。ほかシンガーソングライターの沖ちづる、「蒲田行進曲」「愚行録」の平田満らが出演し、小林稔昌監督がメガホンをとった。

 さらに、脳みそ夫が持ちネタである“ちびっこ石油王”に扮した特別映像もお披露目された。映画「くも漫。」は、2月4日から東京・新宿バルト9ほか全国で順次公開。