<SMBCシンガポールオープン 3日目◇21日◇セントーサGC(7,398ヤード・パー71)>
この日は雷雲の接近などで3時間35分の中断があり、3日連続のサスペンデッドとなった「SMBCシンガポールオープン」。暫定首位にはトータル8アンダーでホールアウトしたパチャラ・コンワットマイ(タイ)、ティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)と大会4勝目を狙うアダム・スコット(オーストラリア)、スンス・ハン(米国)の4選手が並んだ。谷原秀人と小平智が1打差の暫定5位につけている。
国内男子ツアー開幕戦!フォトギャラリーはこちら
前半で3つスコアを伸ばす快調なゴルフを展開していた谷原。しかし10番のセカンドで中断のホーンが。かなりの雨が降り、再開後のグリーンは「ちょっと重いですね。みんな届いてなかった」。急にスピードが変わったグリーンに苦しみ、その後はスコアを伸ばせず15番でボギーを叩いたところで日没サスペンデッドとなった。
すでに13番や14番の時点で「見えなかった」と谷原にとっては苦しい展開となっていた。さすがのパットの名手もさすがにラインを読めなければ、入れることはできないだろう。
明日は21ホールを回ることになる。「思い切ってやるだけですね」、試合の進行はズタズタだが、それに集中力を乱されてはいない。首位とは1打差、十分に逆転のチャンスはある。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【M2編】