Doctors Me(ドクターズミー)- 乳児湿疹について教えて!

写真拡大

よく、肌の美しさを指して「赤ちゃんのような肌」というように生まれたての赤ちゃんの肌はつるつるぴかぴかなイメージがありますよね。
しかし、実際生まれてすぐからしばらくの間、赤ちゃんの顔には乳児湿疹という乳児特有の湿疹ができやすく、初めての場合驚かれるママも多いようです。
そこで今回は、この乳児湿疹について、医師に解説していただきました。

乳児湿疹の症状はさまざま!

乳児湿疹は、新生児の時期から生後半年くらいまで、たくさんのお子さんにみられるもので、赤ちゃんのお肌はまだお肌に自然の備わっているバリア機能が不十分であるために、様々な日常的な刺激や些細な原因によって皮膚に湿疹ができてしまうものの総称です。
そのお子さんによって、乾燥した感じでかさついているものや、汁が出たような感じでジクジクしているものなど状態は様々です。

乳児湿疹の原因は?

乳児湿疹の原因としては、いくつもありますが、一つには赤ちゃんの小さな体にはすで大人と同じ数の汗腺が備わっており、また、非常に新陳代謝が活発だという点です。
また、生まれてしばらくは、お母さんから受け継いだ女性ホルモンが体内に残っており、この影響でも多くの皮脂が分泌されます。
皮脂が多く分泌されるのにもかかわらず、毛穴は赤ちゃんサイズで小さいので、どうしても詰まりやすくなりますね。

さらに、やわらかくすべすべした赤ちゃんの皮膚は、角質層が浅く、ダメージを受けやすくもなっています。
皮脂の分泌が非常に活発な時期を過ぎると、反対に非常に赤ちゃんのお肌はとても乾燥しやすくなることもあり、こういったことや衣服や布団などの摩擦なども複合的に乳児湿疹の原因となります。

乳児湿疹の対処法は洗浄&保湿!

多くの場合、乳児湿疹は一時的なもので、赤ちゃんが成長し、一定の時期を過ぎるとまた、きれいなすべすべしたお肌に戻っていくものです。
状態に応じて皮膚科や小児科の先生の診察を受けること、その指導に従うことはもちろん、非常に大切ですが、いろいろな情報を気にして、例えば授乳中のお母さんが何か乳児湿疹のために食事内容を自己流で制限したり、離乳食の内容を制限したりする方が時々見受けられますが、それはやり方によっては赤ちゃんの健やかな成長に悪影響を及ぼすことがありますのでしないようにしましょう。
もちろん、実際にお子さんにアレルギーがあり、除去に関して医師から指導があった場合は決して軽視せず、細心の注意を払って従うことが大切です。
ともあれ、ほとんどの場合、乳児湿疹は適切な洗浄保湿で改善、あるいは時間の経過とともによくなっていくことが多いもの。気に病みすぎず、向き合っていきましょう。

医師からのアドバイス

乳児湿疹は、赤ちゃんの肌質によってはかなりガサガサしたり、じくじくしたり、ダメージが大きいように見えるかもしれません。かわいそうで、何とかしてあげたいという親心はもちろんですが、清潔と十分な保湿を心がけ、多少の湿疹は成長過程の一つと受け入れてあげてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)