コ・アソン、映画「鋼鉄の雨」出演オファー受けるもスケジュールの都合で“不参加”へ

写真拡大

女優コ・アソンがスケジュールの問題で今年公開を控えた映画「鋼鉄の雨」(ヤン・ウソク監督) に合流できなくなった。

20日午後、「鋼鉄の雨」側のある関係者はOSENに、「コ・アソンはスケジュールの調整が必要になり、出演論議中の状況だった。結局、スケジュールの問題で出演できなくなった」と明かした。

コ・アソンの所属事務所の関係者も「スケジュールの問題で『鋼鉄の雨』への出演が不発に終わった」と話した。

ヤン・ウソク監督の「鋼鉄の雨」は北朝鮮強硬派のクーデターによって致命傷を負った最高権力者1号とともに韓国に隠れた元偵察総局の要員オム・チョルウが、青瓦台の外交安保首席代行クヮク・チョルウと運命的に向き合うようになって起こる話を描いたスパイスリラー映画だ。

チョン・ウソンとクァク・ドウォンがそれぞれオム・チョルウ、クヮク・チョルウ役で出演を確定し、2月にクランクインする予定だ。