アニメ「3月のライオン」の第14話より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

写真拡大

NHK総合で放送中のアニメ「3月のライオン」の第14話より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第14話では、島田の実力を見誤り、取り返しがつかないほど悪い局面になっていたことに気付かされた零は激しく動揺するが、何とか最後まで指し続ける/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

本作は、孤高の高校生プロ棋士の主人公と、彼を取り巻く人々とが、失った何かを取り戻していく再生の物語。17歳のプロ将棋棋士・桐山零(CV.河西健吾)は、幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた家にも学校にもなじめずにいた。だが、あかり(CV.茅野愛衣)、ひなた(CV.花澤香菜)、モモ(CV.久野美咲)の3姉妹との出会いをきっかけに、一人暮らしの零の日常が、変わり始めていく。

【第14話】

島田の実力を見誤り、取り返しがつかないほど悪い局面になっていたことに気付かされた零。恥ずかしさと混乱で激しく動揺するが、島田に促されるようにして何とか最後まで指し続ける。対局後、零は恥ずかしさのあまり将棋会館から走り去る。その背中を見送った島田は、弟弟子である二海堂からの言葉を思い出し、零を研究会に誘ってみようかと考える。

なお、第14話はNHK総合で1月21日(土)夜11時10分から通常より10分押しでの放送となっているので注意しよう!