きゃ、いい男っ! 女性がデートでときめく「会計での男性の行動」6つ

写真拡大

デートで彼と食事をしたとき、いざお会計の段になって「割り勘でいい?」なんて正面切って言われたら、たとえ最初から割り勘のつもりであったとしても、ちょっと引いてしまいますよね。男性には、そういうときこそスマートにカッコよく行動してほしいもの。では、どんな風に振る舞うと、女性はキュンと胸をときめかせるのか、女性たちにお話を聞いてみましょう。

■1.女性に払わせずに、当たり前のように払う

・「払うよと言ってるのに、男性に花を持たせてねと言ってさりげなく会計してくれた」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「財布を出そうとするときに、素早く当たり前のようにいいよと言ってくれる人」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

こちらも払う意思を示しているのに「いいよ」とさらっと言える男性、とてもスマートですね。ユーモアのあるひと言を添えてくれたら、余計に好感度が上がりそうです。

■2.女性がトイレに行っている間に……

・「トイレに行っている間に会計を済ませてくれる」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「私がトイレに立った隙に会計を済ませていたとき。さすが年上はちがうなと思った」(24歳/建設・土木/事務系専門職)

王道のやり方ですが、それをスマートにこなせる男性は、あまり多くないのかもしれません。でも、実際にこれをやられたら、とってもうれしいですよね。

■3.男性がトイレに行くふりをして……

・「お手洗いに立ったふりしてての会計を済ませている。こちらがいくらか出そうとしたときに、じゃあ次のお店で……などとさりげなく言う」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「トイレに行くふりをして会計を済ませてくれていたこと。遠慮して財布を出そうとしたら止められて、じゃあスターバックスのコーヒーおごってって言われたときはスマートだなと思いました」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性側がトイレに行っている間ではなく、自分のほうから「ちょっとトイレに」と言って、支払っておいてくれる紳士も。それもまたポイントが高いですね。

■4.お会計を済ましているだけじゃなくて……

・「トイレに行ってる間に会計が終わってて、私がおいしいと言ったジュースをお土産で買ってくれていて、うれしかった」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

トイレに行っている間に、お会計を済ませてくれているだけではなく、自分のために、ちょっとしたサプライズを用意しておいてくれると、マメさがよく伝わってきますね。

■5.店員へお礼の言葉を言う

・「店員さんにありがとうと言ってぺこっとしたとき」(23歳/食品・飲料/技術職)

・「店員さんに『ごちそうさまでした』って言う人。当たり前のことだけど大切だと思う」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

店員にもちゃんとお礼を言える姿勢、行儀のよいマナーも女性のハートをグッと掴む要素ですね。

■6.女性を車に先に行かせる

・「笑顔で先に車に乗ってて、とキーを渡されたときはなかなかスマートだと思いました」(34歳/医療・福祉/専門職)

会計間際に車に先に女性を行かせ、自分が支払っているところを見せないという配慮もまた、紳士らしさを感じさせる行為ですね。

■まとめ

割り勘を強要する男性もいれば、上記のように、スマートにお会計を済ますことができる男性も世の中にはいるのです。こういう男性と食事をし、気持ちよくごちそうしてもらいたいものですが、そういうときは必ず、女性側も「お礼の言葉」を忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月12日 〜1月13日
調査人数:126人(22歳〜34歳の働く女性)