“解散発表”2NE1、最後の新曲「Goodbye」がiTunes8ヶ国で1位を記録…海外ファンも泣かせた別れ

写真拡大

2NE1の解散に、海外のファンも寂しさを表した。

21日午前0時に公開された、2NE1の最後の曲である「Goodbye」は香港、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、フィリピンなど8ヶ国のiTunesで1位を記録している。ミュージックビデオも約7時間でYouTube再生回数100万回を突破した。

「Goodbye」は感性的なギターの演奏とともに、CLが直接書いたファンへの別れの挨拶を伝える歌詞で、CL、BOM、DARAのボーカルで歌い、彼女たちの最後の曲という事実と共にファンの感性をさらに刺激している。

これとともに公開されたミュージックビデオは、2NE1が一緒に過ごしてきた日々の写真を、寂しく眺める2NE1の姿をモノトーンで表して、解散への惜しさを増している。

アメリカのビルボードもやはりこのミュージックビデオを紹介しながら、2NE1のデビューから解散までの過程、YGの代表プロデューサーであるヤン・ヒョンソクが解散を決定するしかなかった理由などを伝えた。

2009年、BIGBANGと一緒に歌った「Lollipop」で強烈にデビューを果たした2NE1は、「Fire」「I Don't Care」「I AM THE BEST」「Lonely」「MISSING YOU」などヒップホップ、R&B、バラード、レゲェ、エレクトロニックなど、ジャンルを超えた音楽で数多くのヒット曲を発表してきた。特にデビュー当時、定型化されていた女性アイドルグループのパターンから脱した躍動的な振り付け、差別化されたコンセプト、破格的なファッションやヘアスタイルで新鮮さを加えた。

またガールズグループとしては初となる、ワールドツアーを2回も開催して新たな記録を生み出し、2014年「CRUSH」アルバムでアメリカのビルボード200で61位を記録、当時韓国の歌手の中での新記録を打ち立てるなど韓国の歌謡史に特別な足跡を残して解散することになった。