“日本でも活躍”U-KISS イライが激白「仕事がなくなって借金まで…」結婚後の生活を公開

写真拡大

日本でも活躍するアイドルグループU-KISSのイライが、11歳年上の妻チ・ヨンスと結婚した後、仕事がたくさんなくなったと告白した。

最近韓国で放送されたKBS 2TV「家事する男たち」で、キム・スンウはイライに「無名時代があったか?」と尋ねた。

これに対しイライは。「歌手としての練習生生活は6ヶ月しかなかった。しかし以前アクション俳優が夢で、中国に行ったのに詐欺に遭って、朝はラーメンを食べて、コンビニで売っている10元(約160円) の野菜のお菓子を朝に食べて残しておいたラーメンのスープに浸してお粥のように食べた。およそ3ヶ月の間そのようにしていた記憶がある」と打ち明けた。

これに対しキム・スンウは、「今はアイドルだから暮らし向きがちょっと良くなったようだけど?」と尋ねた。するとイライは「結婚を公開してから仕事がたくさんなくなって、借金もちょっとできて、今でも家賃を毎月払うタイプの家で暮らしている」と告白した。

イライは続けて、「それでまずは私と、妻と一緒にどうにかして、大きくなっていくところを見せたかった。人々に助けられてこのようにすることは嫌いだから」とつけ加えた。

これに対しキム・スンウとキム・イルジュンは、「我らがイライが一生懸命生きなければいけないね」「仲睦まじい家庭だ」と励ました。