最近イライラすることが多い…考えられる原因は?

写真拡大


執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ


女性のことですが、いつもは何でもないことに急にイライラしてしまう、ということは誰もが経験したことがあるでしょう。

男性には少しピンとこないかもしれませんね。

なぜこんなことが起こるのか、考えられる原因は何なのかを探ってみましょう。

ホルモン周期と関連したイライラ

イライラするのは、女性特有のホルモン周期と関係があります。代表的な二つをご紹介しましょう。

月経前症候群(Premenstrual Syndrome:PMS)


月経が起きる前の12〜16日位に起きる、さまざまな症状を月経前症候群と言います。

月経がはじまるとすぐに症状が無くなったり、軽くなったりするという特徴があります。

・原因


女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、この期間エストロゲンの分泌が減少し、プロゲステロンの分泌が増加することでさまざまな症状がでると考えられます。

・症状


イライラするということはよくあることで、その他にもさまざまな症状がありますが、これがあればPMS!という決め手はなく、むしろ、月経周期によって判断します。

よくある症状は、便秘、下痢、頭痛、めまい、むくみ、だるさ、肌荒れ、食欲不振、過食、不安感などです。

・症状の現れ方


症状の出かたもさまざまで、イライラして怒りやすく攻撃的になる人もいれば、まったく逆に、うつ状態で無気力になる人もいます。不眠になる人もいれば、寝ても寝ても眠いという人もいて、症状のでかたはかなりバラバラです。

PMSにかかりやすい女性は、几帳面、真面目、耐えるタイプ、完全主義、感情をあまり出さない人などの特徴があるといわれています。

更年期


更年期とは通常45歳〜55歳までの、閉経を迎える前後を意味しています。この時期になると卵巣の機能が衰えて、女性ホルモンの分泌量も減少します。

そのため脳は分泌量を増やそうとして女性ホルモンを出すように体に指令しますが、卵巣の機能が低下している状態なので、いくら性腺刺激ホルモンを分泌してもエストロゲンの分泌量は増えません。

つまりホルモンバランスが悪くなるだけでなく、自律神経のバランスも乱れてしまいます。

身体症状として、ほてりや大量の汗、不安な気持ち、イライラなどの精神症状も出てきます。人によって症状の出方はかなり違います。全く何も出ない人もあります。

職場や家庭でのストレスを感じやすい人は、症状が強く出る傾向があります。悪化するとうつ病などになってしまうこともありますので、注意が必要です。

身体からの警告信号

上記のホルモンバランスの乱れ以外にもイライラすることがあります。たとえば、ストレスを感じたときにイライラは現れます。ストレスを解消しきれなくなり入口のところでイライラが生じます。

うつ状態で心身が黄色信号になりかけている状態なのでしょう。

食欲がないとかイライラするというのは、いわば、ちょっとしたことかもしれません。

しかし、見方を変えると普段とは違う自分のことを初期に素早くキャッチするチャンスです。

これによって不調や病気などの重症化や慢性化を防ぐことにもつながります。

自分で気がつかなければ周囲の人に教えてもらおう

ストレスがひどくなると余裕がなくなって、周囲が見えなくなるだけでなく自分でも気が付かないことが出てきます。

普段からコミュニケ―ションをとって、そんなあなたの状態を指摘してくれる人がいるといいですね。

悪循環を断って、治療や休養など局面を変えていくことが可能になりますから。


<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー


<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供