プロ25年目を沼津で迎えることになったMF伊東輝悦

写真拡大

 アスルクラロ沼津は21日、ブラウブリッツ秋田を契約満了となっていたMF伊東輝悦(42)を獲得したと発表した。

 伊東は東海一高出身で、清水で長年活躍。アトランタ五輪でブラジル代表を下した“マイアミの奇跡”を語る上でも、ゴールを決めた伊東の存在は外せない。

 清水を退団後は甲府、長野、そして秋田でプレー。昨季限りで秋田を契約となっていたが、現役続行に意欲を示していた。

 沼津は今季よりJ3に昇格。FW中山雅史(49)が所属することでも注目を集める。かつて日本を沸かせた40代コンビが、J3に新たな風を吹かす。

 クラブ通じ伊東は「プレーする機会を与えてくれたアスルクラロ沼津に感謝したい。地元静岡でプレーすることができる喜びを、ピッチ上で表現したい」と意気込んだ。


●2017年Jリーグ移籍情報