自分のシワを否定しない、中村江里子的「美」の解釈

写真拡大

 年齢を重ねるごとに自分の顔に刻まれていくもの、それは深い味わいと共にある「シワ」です。

 だけど、そのシワも考え方によっては素敵なモノに変わるかも。フリーアナウンサー・中村江里子さんの考え方には、興味深いものがあります。

 現在、47歳の中村さん。ファンからの「おでこにシワがないのは旦那さんの作った化粧品ブランドの化粧品を使っているから?」という問いに対して、「おでこは普通にしていれば確かにない」、でも「眉間のシワは深くなってきた」「シミやシワは残念ながら年齢とともに増えてきています」と正直に語っています。

 こうした堂々たる発言が出てくるのは、「私は私の今のままでいい」という考え方を持っているからこそのようです。とはいえ、夜の乾燥ケアは欠かせないとか。旦那さんが中村さんのために作ったという化粧品のマスク・クリームで、夜のひと時を過ごしているそうです。

 シワやシミは、どんなに美しい人にも襲ってくるもの。ただ、それとどう向き合うかがポイントです。一切、隠そうとしない中村さんの姿勢は、女性の美を改めて考えさせるきっかけになるかもしれませんね。