12星座【オススメデジタルデトックス法】蠍座は電波の届かない山奥へ行くべし!

写真拡大

 現代人は、パソコンやスマホなど、デジタル機器による疲労が蓄積されています。デジタルによる疲れは、デジタルから離れて回復させることができます。今回は12星座がデジタル依存になったときの反応と一緒に、「デジタルデトックス」の方法を紹介します。

■牡羊座……スマホを触る前に、一呼吸置く
 仕事中でも、電車の中でも、気になることが出てきたら場所を気にせずスマホを取り出してしまう牡羊座。そしてダラダラといじり続けてしまうのです。スマホを触っていないと落ち着かない人ほど、スマホから離れなくてはいけません。気になることができたら、すぐスマホを触るのではなく、一呼吸置きましょう。また、スマホのパスワードを複雑なものにして画面を開けにくくしたり、別のことを考えて触りたい気持ちを紛らわせるようにしましょう。

■牡牛座……使う場所を決める
 所有欲が強いせいか、大事なものは自分のそばに置いておかないと気がすまない牡牛座。スマホやパソコンは常に持ち歩き、仕事以外のときでもずっと画面を見続けてしまうことも多いのではないでしょうか。そんな牡牛座には、パソコンやスマホを使う場所を決めておくのが、オススメのデジタルデトックス法。使う場所を固定しておけば、持ち歩く回数も画面を見る回数も少なくなります。デジタルにも依存しなくなるでしょう。

■双子座……パソコンやスマホのチェックは朝のみにする
 情報に敏感な双子座は、最新情報を得るため、ネットサイトのチェックが欠かせません。しかし、ネットサイトは常に更新されています。開くたびに新しい情報が手に入るため、双子座はスマホやパソコンの画面から離れられなくなってしまうのです。新着記事をチェックする時間を決めてしまい、それ以外の時間はスマホやパソコンを見ないようにしましょう。できれば、チェックは体内が活動的になる朝のみにしたほうがいいでしょう。

■蟹座……リア友と過ごす時間を増やす
 お節介焼きで、友達との関わりが密になりやすい蟹座。友達の行動がタイムラインで流れてくるSNSに依存しがちです。「あの子が自分以外の友達とランチに行った」「飲み会があったのに、誘ってもらえなかった」と、いちいち他人の行動が気になり、SNSを見るのをやめられません。そんな蟹座は、リア友と過ごす時間を増やしましょう。デジタルの向こうにいる友達を気にしていても、何の得にもなりません。SNSと距離を置き、現実の友達付き合いを大事にしましょう。

■獅子座……SNSを退会する
 獅子座は、いつでも自分を見てほしいと思っている人。SNSで、自分の記事にいいね! やコメントがつくのを気にし、返事が来るのが待ち遠しくて、一日中スマホやパソコン画面を眺めているのでしょう。SNSに振り回されていては、精神的に疲れてしまいます。思い切って、SNSを退会してみてはどうでしょうか? SNSに使っていた時間を自分のために使えば、デジタル依存から抜け出しやすくなりまし、本当の自分を見てくれる人とのつながりや充実した時間が手に入りやすくなります。

■乙女座……ヘッドスパ・ヘッドマッサージに行く
 神経質で完璧主義の乙女座。デジタルを触っているときは、文字が小さく、細かい作業も多くてイライラしがちです。作業以外はデジタル機器から離れることも大事ですが、一番はデジタルによるストレスを取りのぞくこと。こまめにヘッドスパやヘッドマッサージに出かけましょう。パソコン作業による疲れやイライラ、眼の疲れも癒やしてくれるでしょう。出かけられないときは画面を見る時間を減らし、温熱アイマスクや温熱肩パッドを使用するといいでしょう。

■天秤座……SNSのグループを作らない、加わらない
 他人の顔色をうかがってしまう天秤座。デジタル依存に陥りやすいのは、SNSで友達とグループになったとき。友達に気に入られたくて、無理をしておもしろいネタを投稿したり、他人の悪口に共感したり……。夜眠たくても、友達がSNSにいれば会話に付き合ってしまうので、体力的にも精神的にも疲労はたまっていく一方です。そんな天秤座のデトックス法は、SNSグループに参加しないこと。言いたいことはSNSを使わず、電話やメール、リアルでの会話で伝えましょう。

■蠍座……電波の届かない山奥や温泉地に行く
 蠍座にスマホを持たせると、ネットサーフィンやスマホゲームに夢中になってしまいます。パソコンを使った仕事でも、作業が終わらない限りずっと画面から離れず、デジタル漬けの毎日を送ってしまいがちです。そんな蠍座には、デジタルのない場所で過ごすのがオススメ。スマホやパソコンに一切触らず、休日を過ごしてみましょう。スマホを置いて出かけるのもいいでしょう。まとまった休みがあれば、電波の届かなさそうな山奥や温泉郷に旅行にいくとリフレッシュできます。

■射手座……デジタル機器を視界に入らないようにする
 もともと集中力がない射手座。近くにスマホやパソコンが置いてあると、「電話やメールがくるんじゃないか」「新着のお知らせがはいるんじゃないか」と気が散って作業ができなくなってしまいます。食事のときも、スマホをみながらごはんを食べているのではないでしょうか。そんな射手座のデジタルデトックス法は、デジタル機器を自分の視界に入れないこと。また、仕事中や友達といるときは鞄にしまい、あまり外に出さないようにしましょう。

■山羊座……アナログ作業
 仕事人間の山羊座は、作業のすべてをデジタル機器に頼りがち。スケジュールにタスクなど、何をするにもいつもスマホやパソコンで確認しているため、スマホやパソコンがないと、仕事をこなすことができないと思っているのでしょう。そんな山羊座のオススメデジタルデトックス法は、アナログ作業。デジタル機器を使わず、メモは手書き、時計は腕時計や置時計、スケジュールは紙の手帳を使って、仕事を行ってみましょう。

■水瓶座……本や雑誌を読む機会を増やす
 水瓶座にとってパソコンやスマホは、知的好奇心を満たしてくれる娯楽アイテム。知りたいことがすぐに調べられ、勉強にもなるからです。しかし、デジタル検索が定着しすぎて、気になることがあればすぐに検索をかけてしまう癖がついてしまっているのではないでしょうか。本や雑誌を読む機会を増やし、デジタル検索に頼らないようにしましょう。パソコンやスマホの画面から離れるために、本は電子辞書ではなく紙の本を買って読むようにしましょう。

■魚座……思い切って電源を切る
 さみしがりやな魚座は、どんなときも誰かとつながれるからと、スマホをずっと肌身離さず持ち歩いているのでしょう。また、電波が届かない場所は、不安を感じてしまうようです。魚座のデジタル依存度を下げるためにも、ここは思い切ってパソコンやスマホの電源を切りましょう。最初は数分間から始めて、画面を見ない時間を徐々に増やしていきましょう。そしてデジタルを使わない間は、目の前の仕事に集中したり、趣味に力を入れてみましょう。

 ブルーライトによる睡眠障害やSNS依存による精神不安定など、デジタル機器の使いすぎは、身体の不調をもたらします。デジタル機器や電磁波から離れる「デジタルデトックス」、あなたも取り入れてみてはいかがでしょうか。
(咲羅紅)