うわ、育ち悪っ! 男性の食事マナーにびっくりしたこと・6つ

写真拡大

育った環境が異なると、もちろん、知識や習慣といったものも異なってきます。たとえば、食べ方ひとつとっても、自分が当たり前だと思っている行為が、他人にとっては、当たり前ではないことも十分ありえます。そこで、男性の食事マナーにびっくりした瞬間を、女性たちに聞いてみました。

■1.箸の持ち方が悪い

・「箸の持ち方が悪い人はとても気になる」(34歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「箸の持ち方が悪い、へたくそな人」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

幼いころに身についてしまった、間違った箸の持ち方が、大人になってからも直っていない人は、決して珍しくはありませんよね……。直すきっかけがなかったんだろうか、といろいろ考えてしまいそうです。

■2.音を立てて食べる

・「くちゃくちゃ音をたてながら食べる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「食べるときに音がしていて、中身が見えてしまう人」(29歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

そしゃく音を立てながら食事をすることは、汚い印象を持ってしまう行為のひとつ。この音を聞いていると、食欲が減退してしまう、なんて人もいるそうですからね。

■3.食事を残す

・「頼みすぎて、残す。もったいないと思う」(27歳/その他/その他)

・「バイキングでたくさん取ったが、少ししか食べない」(25歳/その他/販売職・サービス系)

食べ物を残す、という行為も、とても下品なもの。精神的な余裕がないから、ついつい欲張ってしまうのです。そういう相手との食事は、さぞやストレスが溜まるでしょうね……。

■4.肘をついて食べる

・「肘をつきながら食事をする人は無理です」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

肘をついたら姿勢的には楽かもしれませんが、見た目的には決して美しいものではありません。もちろん、こちらもマナー違反ですね。

■5.店員への態度が悪い

・「店員に、文句を言ったりする人は育ちが悪いと思った」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「食べ方が汚い。定員さんへの態度が悪い」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

飲食店の店員さんに対して、異常なまでに態度が悪い人も世の中にはいますよね……。教養がない、情緒的に成長していないからこそ、そういう態度を取るのでしょう。

■6.食事中、携帯をいじる

・「携帯を触りながらはいやだなと思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ひとりで食べているときに携帯を触っている分にはセーフだとしても、相手がいる場で食事をしながら携帯をいじっていたら、心象は確実に悪くなるでしょうね。

■まとめ

食事中のマナーは、その人の育ちや教養がとても顕著に現れるポイントです。それは自分にも言えること。もし、少しでも「私ももしかして……」と思う習慣や癖があるのだとしたら、すぐに直していきたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月12日 〜1月13日
調査人数:126人(22歳〜34歳の働く女性)