「下品な女性」の特徴5つ

写真拡大

女性らしさを忘れて行動していると、まわりから品のない人だと思われてしまうこともあるもの。気になる男性に下品だと思われているとしたら、ショックを受けますよね。そこで今回は、「下品な女性」の特徴について、男性に答えてもらいました。

1.おならやゲップを平気でする

・「おならやゲップを人前で行う女性」(29歳/情報・IT/技術職)

・「ゲップや、おならを平気でする」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

おならやゲップは仕方のない生理現象ですが、やはり人前だと下品ということになりますよね。我慢は体によくないですが、人前でするのは避けたほうがよさそうです。

2.言葉遣いが汚い

・「言葉遣いが悪い。育ちがわかる」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

・「言葉遣いが汚い。お前とか論外」(33歳/運輸・倉庫/その他)

言葉遣いは簡単には直らないもの。だからこそ、その女性がどんな人生を歩んできたのかがなんとなくわかってしまいます。

3.食べ方が汚い

・「食べ方が汚い人。食事の仕方に性格が出ると思う」(26歳/通信/販売職・サービス系)

・「食べているときに口を開けてくちゃくちゃと音を立てながら食べる」(38歳/その他/事務系専門職)

食事の際のマナーは大切ですよね。本人はいいかもしれませんが、周囲の人たちはそれを見て食欲がうせてしまうこともあるかもしれません。特に外食先では要注意ですよ!

4.電車の中で化粧

・「電車で化粧。下品なので」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「電車で化粧をする人。まわりのことを意識していないのかなと思って」(37歳/その他/クリエイティブ職)

最近は電車の中ででも平気で化粧をする人が増えているようですね。化粧途中の姿は女性なら見られたくないはず。しかし恥じらいを持たない姿に、下品だという印象を抱く男性もいるようです。

5.大声で話す

・「まわりを気にせずに大声で喋ったりゲラゲラ笑ったりする」(34歳/商社・卸/営業職)

・「大声で汚い話をする」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

大きな声で話をするのはやはり下品と捉えられてしまうようです。状況にもよりますが、そうそう大声が必要な場面もないのではないでしょうか。声のトーンにもぜひ気をつけたいところです。

<まとめ>

アンケート結果を見ると、最近は下品と思われてしまう女性が増えてきているようにも思えますね。本来なら感じるべき恥じらいがなくなってきている瞬間は気をつけて! 男性から下品だと思われてしまう可能性がありますよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月21日〜2016年12月22日
調査人数:384人(22〜39歳の男性)