フォード・フォーカスの派生モデル「フォーカス ワゴン」次期型プロトタイプを、北欧で初めてカメラが捉えました。

1

現行モデルを使ったミュールの段階で、リアフェンダーやルーフが強引に延長され、ルーフは波を打ったように変形しています。

また、現行モデルと比べリアハッチが寝かされ、クーペ風の処理がされており、リアバンパーにも車幅が伸ばされている跡があります。

つまり、次型では、全長・全幅が伸ばされ大型されると共に、メルセデスベンツ「CLS」のようなクーペワゴンに進化することが予想されます。

パワートレインは、1リットル3気筒ターボエンジン「エコブースト」を搭載し、20118年秋頃世界初公開が予想されています。

(APOLLO)

ルーフ波打つ謎のフォード・フォーカス発見!次期型ワゴンか!?(http://clicccar.com/2017/01/21/438789/)