さりげなく、したたかに!ゼクハラせずに彼に結婚を意識させるポイント

写真拡大



家に帰ったら何気なくゼクシィが机に置いてある…。彼の家に忘れたふりをしてゼクシィを置いていく…。

遠まわしに彼に結婚を催促することを「ゼクハラ」と呼んで久しいですが、いきなりゼクハラをするとたいていの彼は引いてしまうもの。とはいえ、いつまで経っても結婚の話が出ないと「この人は私との将来のことを考えているのかな…?」なんて不安になりますよね。彼に自然に結婚を意識させるにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、既婚男性に彼女との結婚を意識したきっかけについて聞いてみました。

■■彼と自分にとっての「居場所」をつくる

「会社では上司に詰められ、休みがないから友達とも飲みにいけず…。そんなときに彼女が家に転がり込んできたんだけど、“おかえりなさい、お疲れ様”って言ってくれたり、ご飯を作ってくれたり、仕事の愚痴を聞いてくれたりした。仕事がしんどいときも居場所があると思えて、彼女との結婚を意識するようになった」(30代/広告代理店)

大切なのは、彼にとって居心地のいい場所を作ること。そうすることで、自然と「こいつとずっと一緒にいたいなぁ」と思うようになり、彼女との結婚を見据えるようになるでしょう。彼が忙しいときは焦らせるのではなく、寄り添うこと。自分の結婚願望ばかりを押しつけるのではなく、これから先も彼が帰りたいと思えるような場所を先に提供してあげることで、彼は結婚を前向きに考えるようになるでしょう。

■■キャリアアップをする

「年明けに1年の目標を立てようという話になった。彼女は“今年は仕事で頑張って年収をアップさせる。それから3年後にはマネージャークラスになって〜”と意気込んでいるのを見て、この子なら結婚しても楽しんで仕事を続けそうだなぁと思って、経済的な不安がなくなり、翌年本当に彼女が年収をあげたのでプロポーズしました」(20代/公務員)

昔は専業主婦が多い時代でしたが、今では共働きがほとんどです。平均年収も年々さがっている現代では、経済的なことを理由に結婚に対してネガティブになる男性も多いでしょう。そんなときに、仕事が好きで結婚後も続けたいという姿勢や、「一緒に働こう」というスタンスを見せる女性は、男性にとっても結婚しやすいです。結婚したら寿退社を夢見るより、目の前にある仕事に打ち込んで、キャリアアップを図ることで、彼は結婚を意識するようになるでしょう。

■■相手の両親との距離を縮める

「親が上京してきたので、彼女を合わせることに。知らない間に親と彼女が仲良くなっていて、連絡先まで交換。俺がいない場でも連絡を取り合っているみたいで、親からも“いい子だから結婚しちゃいなさいよ”と言われ、真剣に結婚を意識。やっぱり親と仲良くしてくれると結婚への安心材料になる」(20代/IT)

自分を育ててくれた親と彼女が仲良くなって嫌な気持ちを持つ男性はほぼいないでしょう。嫁と姑の問題は、何かあったときに板挟みとなる男性にとっては不安な要素でもあります。自分から積極的に彼の両親と仲良くなることで、結婚を後押ししてくれ、応援してもらえるかもしれません。

■■子どもを産みたい年齢について話し合う

「今年で30歳になる彼女が、“いつかは子どもがほしくて、33歳までには○○くんとの1人目がほしいなぁ”と言っていた。逆算すると、32歳までには妊娠しないといけなくて、結婚式を挙げるなら31歳、新婚生活を楽しむなら30歳だと思い、もうそろそろ潮時だと思い翌月の彼女の誕生日にプロポーズ。泣いて喜んでくれたのを見て、もっと早く気づけばよかったと思った」(30代/保険)

産める期限が女性よりも長い男性にとって、出産というものがリアルには想像がつかない人がほとんど。産みたい年齢から逆算して結婚年齢を伝えることで、結婚や出産に対するものがリアルになります。本当に彼女のことを考えるのであれば、伝えた段階で結婚を意識してくれるはずです。

■おわりに

結婚ばかりを迫ると「俺とではなく、結婚そのものがしたいんだろ?」と男性を不安にさせてしまうもの。「あなたとだから結婚したい」と伝えることで、意識してくれる日も近くなりそうです。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)