ストレスで本当に人は死ぬ!「キラーストレス」が怖すぎる

写真拡大

「キラーストレス」という言葉をご存じだろうか?

 2016年6月に放映されたNHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」(2夜連続)は大きな反響を呼んだ。

 番組によると、ストレスが突然死やがんを引き起こすメカニズムが、最新の研究でわかってきたそう。脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると「ストレス反応」が起きて、これが長く続くと、血管が破壊されるなどの異常が起きて、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすというのだ。

 今回、30〜40代で若くして亡くなった人の遺族・知人にヒヤリングしたところ、発症前に「強いストレスを抱えていた」という声が少からずあった。もしあなたや、あなたの夫がストレスにさらされているなら、それが「キラーストレス」になる前に手を打ちたいものだ…。

1)息子の事故から4か月。父親も脳溢血に…(45歳・銀行員のケース)

「20歳の息子さんをバイク事故で亡くしてしまった父親(45歳)が、それから毎日お酒を浴びるように飲んだら、4か月後に本人も脳溢血で亡くなってしまった。息子に先立たれて本当にショックだったようです」(知人)

 たしかに子供の早すぎる死は、親にとっては言葉にならないほどのストレスである。

2)プレッシャーも一因? 寝ている間に突然死(36歳・自営のケース)

「実家の製薬会社を立て直すため、祖父とともに新しい事業を始めるところだった兄(36歳)。おそらく跡取りとしてのプレッシャーは相当だったはずです。

 東京の仕事も辞めて田舎に帰ってきた兄は、しばらくして毎日体の不調を訴えていました。ある日、深夜に息をしていないことを同居していた母親が気づき、帰らぬ人となった。死因は不明です」(弟)

3)クビ、家庭崩壊…夜中に異常ないびきをかいて(46歳・無職のケース)

「自己都合で大手銀行を辞め、次の職がなかなか決まらなかった知人(46歳)。奥さんからも毎日責められたりして、どこにも居場所がなかったようです。もともと無口なタイプだったので、妻に反論もできないし、罵詈雑言を浴びる日々だったようです。

 亡くなる直前に少し会ったら、相当顔色が悪かったのを覚えています。それから間もなく、夜中に異常ないびきをかいて、救急車で運ばれたら脳出血だった。帰らぬ人になってしまいました」(知人男性)

 逃げ場がない、自分でも消化できない。そんな極限のストレスが死につながるとは……。

 ちなみに、冒頭のNHKスペシャルは『キラーストレス―心と体をどう守るか』という書籍になっていて、最新のストレス対策も書かれているので参考になるかもしれない。

◆独身者の孤独死が増えている

 前述の実例は、家族が異常に気づいているが、もしひとり暮らしだったら? 考えるだけでゾッとするが、遺品整理アドバイザーの上東丙唆祥氏によると、独身ミドルの孤独死が増えているというのだ。

「高齢者が住んでいるならば周囲は気を使うし、たとえお部屋で亡くなったとしても早期に発見できるんです。それに対して、若い人のほうが発見が遅くなることが多く、腐敗してから周囲が気づき始めるなんてこともあります」

 死因は、自殺が多くを占めるが、心不全、がん、くも膜下出血などの病死もあるという。

「両親とも長年連絡を取っていなかったりして、親御さんが部屋の惨状を見てびっくりされます。夏場には、ご遺体が液状化して発見されることもよくあります。運ぶのも一苦労です。

 また、汚部屋のゴミで埋もれてしまうので、寝る場所もままならないから、エコノミー症候群で肺血栓になって亡くなる人もいるほど。こういう案件は年々増えているし、今後もひとり暮らしワンルームでどんどん孤独死は増えていくでしょうね」

 ストレスと孤独……。どちらもゼロにはできないが、うまくコントロールする術を身につけたいものだ。

【遺品整理アドバイザー 上東丙唆祥氏】
遺品整理フランチャイズチェーン「e品整理チェーン」代表。同社では遺品整理のみならず遺品処理、生前整理、不用品回収(処分)なども行う。