狩野英孝、女の好みは一貫?/榮倉奈々、Iカップに興奮【今週の見逃しニュース】

写真拡大

 童謡「森のくまさん」をめぐるゴタゴタがヒートアップしています。替え歌のCDをリリースしたお笑い芸人・パーマ大佐(23)と販売レコード会社に対して、日本語詞を書いた馬場祥弘氏(72)が販売の差し止めと慰謝料の支払いを求めているのです。そこで動画でネタ部分を見たのですが、これ面白いんでしょうか……。この問題がない限り話題にすらならなかったような。

 では今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆.好ープ! 狩野英孝「17歳現役女子高生と淫行疑惑!」

FRIDAY 1/20(金) 配信

 週末に飛び込んできた驚きのニュースがこちら。お笑い芸人の狩野英孝(34)が、ファンの女子高生(17)との間で肉体関係を持っていたのではないかと『フライデー』に報じられたのです。狩野は21日に緊急会見を開き、所属事務所は「(二股騒動があった)昨年からの生活態度も含め」謹慎処分にすると発表しました。

 加藤紗里(26)や川本真琴(43)らを巻き込んだ“6股騒動”も記憶に新しいところ。才能のかわりに性欲があふれ出してしまう、かわいそうな人なのかもしれませんね。

 相手の17歳は、元“地下アイドル”で、ツイッターの限定公開アカウントに、狩野と一緒にいる写真を自らバンバン投稿していました。

 20日夜にはすでに、ネット上で“この地下アイドルを特定した”として、狩野とおそろいの服を着た写真や、匂わせツイートの魚拓が出回っています。この“特定”の真偽はわかりませんが、見た人の反応は「加藤紗里と同じメンヘラタイプ」。つくづく懲りない男です。

◆∠徳卞燹 憧れのIカップ爆乳アイドルに大興奮「やばい、ふわふわ」

スポニチアネックス 1/16(月) 配信ほか
 新ドラマ『東京タラレバ娘』(日テレ系)に出演している女優の榮倉奈々(28)が、16日『しゃべくり007』(日テレ系)に出演。憧れだったという“Iカップアイドル”の天木じゅん(21)のバストにタッチし、「やばい、すごーい。フワフワ」と大感激していたのだそう。

 榮倉さん以外でも、ここ最近女子が女子の胸を触るシーンが多いように思います。それを間接的に楽しむ男子。平和に感謝です。

◆N詭變縞拭⊂”薀僖鵐弔魯ぅ船簡繊崟抄燭匹鵝弉餮でも着用

デイリースポーツ 1/20(金) 配信ほか

 さて年が明けたばかりなのに、もう来年スタートの大河ドラマ『西郷どん』の宣伝に余念がないNHK。主演を務める鈴木亮平(33)も今からフル稼働で、『あさイチ』ではサービストーク全開でした。

 BL(ボーイズラブ)要素が売りとのことで、鈴木さんからは勝負下着の話も飛び出しました。オーディションやクランクインなど“ここぞ”の場面では、イチゴ柄のパンツで臨むと明かしたのだそう。

 ストーリー次第では、「とちおとめ」になる鈴木さんも楽しめるのでしょうか。

◆た綸茱劵蹇∧っこひものイクメン姿がカッコよすぎ!現在の活動は?

シネマトゥデイ 1/18(水) 配信ほか
 処女作『KAGEROU』で第5回ポプラ社小説大賞を受賞した俳優の水嶋ヒロ(32)が、インスタグラムで「#抱っこ紐おじさん」というハッシュタグ付きでイクメン姿を公開しました。

 そこで気になるのが、水嶋さんの近況。ドラマや映画で見かける機会も減り、心配なファンも多いのでは?

 記事によると、自らが代表を務める株式会社 3rd i connections の設立と、ブランディングディレクターに就任した旅行会社「マゼランリゾーツ&トラスト」のお仕事で多忙な日々を送っていたとのこと。それなのに育児もサボらない。本当に立派な「抱っこ紐おじさん」だと思います。

◆Zeebra、日本語ラップ講座で熱弁「いずれ教科書に取り上げられたら」

サンケイスポーツ 1/14(土) 配信ほか

 ラッパーのZeebra(45)が中学校で特別講師を務め、日本語ラップについて熱い授業を行いました。やはりラップの魅力といえば、多彩な韻の踏み方。当然Zeebraさんの話もヒートアップします。「『渋谷』で韻を踏むなら、『ジブラ』『菊名』いろいろあるよね」と語ったのだそう。

 いろいろある中から「菊名」をチョイスするZeebraさんにはかないません。

<TEXT/沢渡風太>