鬼木新体制の川崎、小林悠が主将に「勝ちたい気持ちは誰にも負けない」

写真拡大

 川崎フロンターレは21日、2017年シーズンのキャプテンがFW小林悠に、副キャプテンがGKチョン・ソンリョン、MF谷口彰悟、MF大島僚太に決定したと発表した。

https://twitter.com/frontale_staff/status/822700001281208322

 川崎は昨季までMF中村憲剛がキャプテンを務めていたが、鬼木達新監督が就任した今季は新たに小林をキャプテンに据えて初タイトルを目指すこととなった。小林はキャプテン就任にあたってコメントを発表。強い気持ちでチームを引っ張る覚悟を見せている。

「今年からキャプテンを務めさせていただくことになりました。自分はチームの中ではサッカーが上手い方ではないです。でもチームとして勝ちたい、勝たせたいという気持ちは誰にも負けないと思っています。その思いをチーム全員が持てるように、チームを引っ張っていきたいと思います。絶対にタイトルを獲りたいです。フロンターレを支えていただく、全ての皆さんと共に1年を戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」

 また、来日2年目で副キャプテンを務めるGKチョン・ソンリョンは「みんなで戦う気持ちをしっかりもって、ベテランから若手までチームが一体となって戦っていけるようにやっていきたいと思います」とコメントを発表している。

 2年連続で副キャプテンを任せられた谷口は、「昨年に続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました。昨年の悔しいシーズン、思いは2度と繰り返したくない。チームの皆が常に前を向いていけるように悠さんをサポートしていきたいと思います」とコメントし、小林のサポートを誓った。

 昨季はリオデジャネイロ・オリンピック出場やA代表デビューなど飛躍の1年になった大島は初の副キャプテンに。「副キャプテンを務めさせていただくことになりました。強い責任と信念を持って戦っていきます。全力で悠さんのサポートをしていきたいと思います。よろしくお願いします」と決意を述べている。