「今年は違う」ともっぱらの評判

写真拡大

 経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、テニス錦織圭選手のメンタリティを分析。

 * * *
 今年の錦織圭は、これまでと違う。開幕戦となったブリスベン国際で準優勝して好スタートを切ると、続く全豪オープンでも、初戦で苦戦しながらも勝ち進んでいる。

 今年初めの『報道ステーション』(テレビ朝日)のインタビューで、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープンの4大大会、いわゆるグランドスラムでの優勝について、松岡修造に聞かれると、「すごく近くに見えている」「できるかできないかではなく、いつ実現できるかな」と、明るくにこやかな顔で言い切った。

 そして「安定してプレーができてきて、粗さはだいぶ抜けてきた」と今の自分を振り返っただけでなく、松岡には、メンタルが90%までできていると語ったという錦織。

 そう、今年の錦織はメンタルが違うのだ。

 どこがどう違うのか。試合後の記者会見に、その違いがはっきりと表れている。

 錦織選手には、もともと鼻を触ったり、髪を大きくかきあげる癖がある。なかなか思うようなプレーができず苦戦した時などは、気持ちが落ち着かないのか、この癖が頻繁に見られてきた。

 試合運びが思うようにいかなかったり、対戦相手に苦手意識があった時などは、会見中、顔や首筋を触ったり、着ているTシャツの襟を触ったり、羽織ったパーカーのフードや襟を触ったり襟元を合わせたりと、頻繁に身体や服のどこかを触っていることが自然と多くなるのだ。

 これは思い出したくない不愉快なことや、うまくいかなかった苦い経験、不安にさせる物事や考えなどからくるマイナス感情を緩和させ、自分の気持ちを落ち着かせよう、なだめようとする「セルフタッチ」という仕草である。

 たとえ勝利しても、それが難しい試合であったならば、質問の受け答えをしながらも、後悔や反省が頭の中をめぐり、なんともいえないモヤモヤ感情が湧いてくるのだろうか。昨年の全米オープンでは、準決勝でアンディ・マレーに勝利しながらも、会見ではしきりにパーカーの襟やジップを触り、身体を右へ左へと動かしていた。

 錦織は、プレッシャーやストレスに対して、意識や無意識の中で生じた不快、いらだち、動揺といったマイナス感情が、そのまま仕草になって表面に出やすい選手といえる。だから、その試合がどんなに大変だったのか、精神的にどれだけストレスになっていたのかは、試合を見ていなくても、試合後の会見を見れば、ある程度把握できた。

 ところが、である。全豪オープン初戦、ロシアのアンドレイ・クズネツォフに3時間34分のフルセットで苦しめられた後の会見で、錦織は、いつもの癖をほとんど見せなかった。髪を大きくかきあげ、おでこをかく仕草をしたのは、クズネツォフのプレーについて「対応しきれなかった」と話した時ぐらいだ。

 それも昨年までのように、目線を落とし、眉間にしわを寄せた苦しそうな表情ではなく、顔を上げたまま、どこまでも明るくすっきりとした表情なのだ。取られたセットや反省すべきプレーについて話している間も、癖やセルフタッチの仕草は減っていた。

 ネガティブな感情のコントロールが一段と上手くなり、気持ちの切り替えも早く、上手くなったのだろう。

 それだけではない。マイケル・チャン氏に師事してからは、テニスの技術や試合運び、体力面だけでなく、メンタル面も強くなってきたといわれるが、今年の錦織には迷いが感じられない。

 それがわかるのは、会見時の錦織の身体の揺れ。

 昨年までは、次の試合の相手を意識すれば意識するほど、上半身は大きく前後左右に揺れ、何度となく椅子の上でお尻を動かし、座り直していた。不安、心配、不満、焦りやコンプレックス、違和感…。仕草に表れていたのは、心のどこかにひっかかったネガティブな感情だ。

 ブリスベン国際の時の会見では、痛めた臀部について聞かれ、お尻を動かし身体を揺らしてから「違和感があった」と話したのも、そのためだ。

 ほとんどの人は、自分の身体が揺れていることや、身体を動かしていることに気づかない。こういう仕草は、本人の意思ではどうにもできないので、その人の言葉よりもはるかに正確にその人の本当の気持ちを表していると、社会心理学者のピーター・コレットは言っている。

 ついでにコレットは、本人の口から出た言葉と、相手の無意識の仕草のどちらを信じればよいかわからない時は、迷わず仕草を選択しようとも言っている。錦織の場合なら、身体の揺れが、そのまま心のもろさや感情の揺れを表していたといえるだろう。

 さてこの点、今年の錦織は、次の試合について聞かれてもまっすぐ椅子に深く座り、腰を落ち着けたままなのだ。ノバク・ジョコビッチ、マレー、スタン・ワウリンカといった世界ランキング上位の選手との対戦について聞かれても、上半身が揺れることも、座り直しもない。

 クズネツォフについても「やりたい選手じゃない」と言いながら、身体は動かなかった。2回戦をストレート勝ちすると、3回戦の対戦相手に「しっかり作戦を練って」と言いながら、あごをちょっとかいただけだ。

 仕草や振舞いが変わったことで、腹がすわってどっしりと落ち着き、平常心を保っている。錦織の中で何がどう変わったのかは、わからない。だが“一本芯が通った”そんな印象だ。

「優勝する気で望んでいます」と、会見で腕まくりするような仕草を見せた錦織。心と身体のコンディションも意気込みも上がり調子なのだろう。今年こそ、錦織がグランドスラムで優勝するところが見られるかもしれない。