史上最年少の26歳で「匠候補生」に抜擢

写真拡大

 日本が世界に誇るスーパースポーツカー、日産「GT-R」。ゼロヨン(0〜400メートル)の加速では、ポルシェやランボルギーニでさえその後塵を拝し、日本だけでなく、世界中でその性能が評価されている。人類でもっとも足の速い男、ウサイン・ボルトが愛車として選んだクルマでもある。

 そんなGT-Rの圧倒的な加速力と時速300キロ超の高速走行を具現化するのは、3.8リットルの24バルブV型6気筒ツインターボエンジンだ。

 GT-Rはあらゆる面で特別である。通常、量産車のエンジンは工場のロボットが大半の工程を自動で組み立てるのに対し、GT-Rのエンジンは、日産の横浜工場で、ひとつひとつ人の手によって組み立てられている。

 クリーンルーム内で、375の部品を1000分の1ミリ単位で調整しながら組み立てる作業に携わるのは、社内から選抜され、「匠」の称号を与えられた5人の熟練者。ロボットを超える精度の組み立て技能をもつ者たちだ。彼らがそれぞれ1つのエンジンを最初から最後まで組んでいく。

 その匠の下には、現在、5人の「匠候補生」がいる。そのなかに、史上最年少の26歳で匠候補生に抜擢された女性がいる。入社10年目の大竹由希子さん(27)である。

「小さいころから粘土細工などもの作りが好きで、兄の奨めで、兄と同じ工業高校に進学しました」

 大竹さんは工業高校の機械科を卒業した後、日産に入社。完成エンジンの油圧や排ガス濃度などを測定する仕事を経て、試作エンジンを組み立てる業務に就いた。ピストン運動を回転力に変える軸であるクランクシャフトの組み込みやピストン挿入などの工程を担当し、1年弱の間におよそ300基のエンジンの組み立てに関わった。

 その仕事でセンスと前向きな姿勢が認められ、エンジン課の正規従業員約150人のなかから昨年2月に匠候補生として選ばれた。

「最初の3か月ほどは、毎日、GT-Rのエンジンを組み立ててはバラす練習を繰り返しました。自分ではこれでいいと思っても、匠に問題を指摘され、違いを手先の感覚で覚えていきました」

 現在は匠の指導の下でエンジンの組み立てに携わっている。候補生が組み上げたエンジンには、指導した匠のネームプレートが貼られ、品質を保証する形になる。

「組み立てで最も神経を使うのは、カムシャフトとバルブのクリアランス(隙間)。シックスネスゲージという工具を差し込んで、手に伝わる感触で調整します。この工程では頭を空っぽにして集中して臨みますね」

 1基のエンジンを組み上げるのにおよそ9時間かかるとされるが、まだまだ匠の組み立てスピードに追いつけないという。上司にあたるエンジン課の宮崎裕司係長は、彼女をこう評する。

「やる気と根性があるんですよ。失敗してもくじけないし、それをバネに頑張ろうとする。彼女は高校時代、陸上のやり投げで神奈川県大会で優勝しているんですね。努力して高みを目指す姿勢がある」

 匠へ昇格するための道のりはまだ長いが、大竹さんのネームプレートが貼られたGT-Rが疾走する日はそう遠くないかもしれない。

撮影■佐藤敏和

※週刊ポスト2017年1月27日号