京都市出身の佐貫俊夫は通訳案内士として活躍する傍ら、作品を撮り続けているアマチュアカメラマンだ。

写真拡大

国内外から多くの観光客が押し寄せる京都。同市出身の佐貫俊夫は通訳案内士として活躍する傍ら、作品を撮り続けているアマチュアカメラマンだ。

【その他の写真】

彼が写真を撮り始めたのは高校時代。撮影歴は50年というベテランだ。現在は中国語と英語の通訳案内士の資格を取得し、ガイドとして活躍している。今回紹介するのは自身で厳選した作品14点。壮大なひまわり畑の風景はイタリア赴任時に撮影、柔らかな緑の上に水滴がぽつんと乗った蓮の葉は奈良の寺で撮ったものだという。山茶花は以前の実家で育てられていたもので、その清楚さが表現されたこの作品は「身近なところで撮った写真の中でも気に入っている1枚」。「日常生活の中で見かけたものに興味を引かれることも多い」と話す彼は、今日も絵画に通じる美を求めて被写体に向き合っている。(編集/野谷)

●佐貫俊夫
1949年、京都府京都市に生まれる。撮影歴は50年。絵画に通じる美を追求している。会社員時代はイタリアに赴任。現在は中国語と英語の通訳案内士として活躍。