SEVENTEEN、ユニット曲「HIGHLIGHT」13人完全体バージョンを初披露“カリスマ性溢れる魅力”

写真拡大

SEVENTEENが13人完全体バージョンの「HIGHLIGHT」を初公開し、ファンの視線を集めた。

韓国で20日の午後に放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」でSEVENTEENは、3rdミニアルバム「GOING SEVENTEEN」の3番トラックであり、パフォーマンスチームのユニット曲である「HIGHLIGHT」の13人完全体バージョンを披露した。

「HIGHLIGHT」の13人バージョンの活動は、SEVENTEENが「BOOM BOOM」の活動期間に多大な応援を送ってくれたファンに対する感謝とともに、新しい姿を披露したいという気持ちが込められている。「BOOM BOOM」のステージで見ることができた迫力とは違い、カリスマ性溢れる魅力を伝えた。

作詞・作曲、プロデュース、そして振り付けに至るまで、メンバーが直接制作する“自主制作アイドル”SEVENTEENが再び直接作った新しい構成の「HIGHLIGHT」の振り付けが注目を浴びた。