Sound BlasterXVanguard K08(左)とSound BlasterX Siege M04

写真拡大

パソコン用周辺機器などを手がけるクリエイティブメディア(東京都千代田区)は、ゲーミング向けブランド「Sound BlasterX」シリーズから、マウス「Siege(シージ)M04」を2016年12月下旬に、キーボード「Vanguard(ヴァンガード)K08」を17年1月下旬に、発売する。

LED内蔵...発光色やパターンはカスタマイズ可能

いずれも「Aurora ReactiveライティングシステムLED」を内蔵し、発光色やパターンなどを後日ダウンロード提供予定だというWindows用ソフトウェア「Sound Blaster Connect」でカスタマイズできる。

「Siege M04」は、「PixArt Imaging」製赤外線LEDセンサーと32ビット・マイクロコントローラーユニットを搭載し、解像度は最大1万2000DPI。

左右メインボタンに5000万回のクリック耐久性を持つというオムロン製メカニカルスイッチを採用。そのほか解像度を3段階に切り替えられる「DPI切り替えボタン」、ホイールボタンと3つのサイドボタン、合計7ボタンを備える。

直販サイト「クリエイティブストア」での価格は8900円(税別)。

「Vanguard K08」は、英語104キーと5つのマクロキーを搭載。7000万キーストロークの耐久性を備えたオムロン製メカニカルスイッチを採用した。独立した音量コントロールダイアルやマルチメディアボタンを備え、音量の素早い変更やメディアプレーヤーソフトの操作が可能だ。

「フェイルセーフ機構」、「クロスポイント コンタクト技術」に加え、各キーに2つのスイッチ端子を備え、酸化や微粒子の付着などによる動作不良を低減するという。

直販価格は1万9800円(同)。