日本を訪れた中国人旅行客の多くが、日本社会の秩序に驚くという。中国のネット上でも、日本の秩序ある社会や日本人の民度の高さを称賛する声は少なくない。だが、自分の目で日本を見たことのない中国人はこうした称賛の声に対して疑念を抱くようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れた中国人旅行客の多くが、日本社会の秩序に驚くという。中国のネット上でも、日本の秩序ある社会や日本人の民度の高さを称賛する声は少なくない。だが、自分の目で日本を見たことのない中国人はこうした称賛の声に対して疑念を抱くようだ。

 中国メディアの今日頭条は17日、中国のネット上では日本国民の民度を高く評価する声が数多く存在すると紹介する一方、「日本を訪れたことのない中国人にとって、こうした論調が真実かどうか分からないものだが、日本人の民度を観察した中国人がいる」と紹介している。

 記事は、ある中国人がこのほど北海道を旅行で訪れたと紹介し、その際に日本人の民度を注意深く観察したと紹介。多くの日本人が利用する公共交通機関の1つに地下鉄が挙げられるが、そこで見た日本人の姿は「日本人の民度は中国人を圧倒している」という中国ネット上の評価を裏付けるものだったと伝えた。

 例えば、乗車を待つ利用客たちは列を作り、割り込む人は誰もいなかったことを伝えつつ、車両が到着した際も下車する客が降りるまで待ち、それから乗車していたと紹介。中国のように我先に乗り込む人はおらず、客同士が席を奪い合う光景もなかったと伝えた。中国では時おり、乗客同士が席を巡って喧嘩をすることがあり、過去には流血沙汰が起きたことが報じられたこともある。

 また記事は、日本人の乗客たちが地下鉄の車内で他人に迷惑のかかる行為は一切していなかったと称賛。中国の地下鉄では携帯電話で大声で話をしたり、イヤホンを使用せずに携帯電話のスピーカーから音楽を流している人を見かけることがある。このような光景が普通に見られる中国からすれば、日本の地下鉄内で見られる様子は「まさに日本人の民度の高さを裏付ける光景」に他ならないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)