20日、ジャッキー・チェン最新主演作「功夫瑜伽」(カンフーヨガ)では、ロケ先となったドバイ首長国の王室から、大量の高級車が撮影に提供されている。

写真拡大

2017年1月20日、ジャッキー・チェン(成龍)最新主演作「功夫瑜伽」(カンフーヨガ)では、ロケ先となったドバイ首長国の王室から、大量の高級車が撮影に提供されている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国で今月28日から公開されるジャッキー・チェン最新作「功夫瑜伽」は、初めての中国&インド合作映画。ロケ地の一つとなったドバイでは、王室からの積極的なサポートがあり、撮影には70台を超える高級車が提供された。

提供されたのはフェラーリ、ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニと名だたる高級車ばかりだったが、世界でたった1台しかないマクラーレンのスポーツカーまで含まれ、スタッフたちの度肝を抜いた。さらにドバイ王室の太っ腹すぎる王子は、ほとんどの高級車をそれぞれ2台ずつ貸してくれた。もし1台に問題が生じた場合、そのスペアとして使うようにとの心遣いだったという。

撮影中、1台1000万元(約1億7000万円)を超えるスポーツカーが故障したのだが、数日後には新しいものが届けられた。撮影で使用していたのは車体が黄色だったが、ドバイ王室ではブルーの同じ車を、わざわざ黄色に塗装し直して貸してくれたという。この迅速な行動もまた、ジャッキー以下スタッフ一同を仰天させている。(翻訳・編集/Mathilda)