アビスパ福岡、2017新ユニフォームを発表!4本のラインで「結束」

写真拡大

井原正巳体制1年目で見事にJ1復帰を成し遂げたアビスパ福岡だが、1年でJ2へ戻ることになってしまった。

昨季は数少ないストロングポイントを抑えられるとなかなか打開策がなく、序盤から降格圏を推移。結局そこから最後まで抜け出すことができず、クラブ史上初の最下位での降格を喫した。ただ、井原監督就任でJ2の順位を16位→3位と一気に上げて昇格したことから、J1の舞台での苦戦はある種予想されたことでもあり、今季も井原監督は留任。3年目のシーズンを迎える。

戦力的にはFW金森健志(鹿島)がチームを離れた一方、DF岩下敬輔(G大阪)、MF山瀬功治(京都)、FWジウシーニョ(アトレチコ・ゴイアニエンセ)らベテランの有力選手を獲得。さらに、地元出身のFW石津大介(神戸)が期限付き移籍から2年半ぶりの復帰を果たしている。

Avispa Fukuoka 2017 Athleta Home

アビスパ福岡 新ユニフォーム

福岡の2017シーズン新ユニフォーム、ホーム(1st)はクラブカラーのネイビーブルーを基調にしたデザイン。

伝統のストライプ柄を中央に寄せることにより、「結束」を表現。クラブ、ファン・サポーターとステークホルダー、そして地域の思いを4本のラインで描き、皆が同じ気持ちでベクトルを合わせ、上昇していく強い決意をイメージしている。

アビスパ福岡 新ユニフォーム

Avispa Fukuoka 2017 Athleta Away

アビスパ福岡 新ユニフォーム

アウェイ(2nd)は近年定着しているシルバー。差し色に使用しているブルーベールダンスは、ネイビーブルー、シルバーと同様に福岡のクラブカラーだ。

アビスパ福岡 新ユニフォーム

GKユニフォームは、赤のホーム、緑のアウェイという組み合わせ。4種のユニフォームは同じ「結束」のテンプレートを使用している。

ユニフォームスポンサーは、胸の「福岡地所」、背中上部の「エイエス・コミュニケーションズ」、袖の「ふくや」、パンツの「ビケンテクノ」が継続。背中下部は「ピエトロ」と新たに契約を結んだ。