miss A スジ、ネット上で“ロリータ議論”が勃発…所属事務所がコメント

写真拡大

JYPエンターテインメントがmiss A スジの写真集に関して、立場を明らかにした。

最近のオンラインコミュニティでは、過去2015年10月に出版されたmiss A スジの写真集が売春、ロリータ(未成年を性対象化したもの) などを連想させるという文が掲載されて論議が起きた。

これに対し、所属事務所JYPエンターテインメントは20日、公式の報道資料を通じて、最近ネットコミュニティに取り上げられている2015年に出版されたスジの写真集関連事案について、「写真集全体の内容中、ごく一部の写真やワーディングを抜粋し作成された書き込みは、事実とは全く無関係で、レトロ、キッチュなどの企画意図を強調するために選んだ場所や衣装であって、撮影を行ったスジ本人や作家の本来の意図とは全く無関係だ」と伝えた。

続いて、「この写真集の直接・間接的無断流布もまた、著作権や肖像権の侵害となり、悪意で作成された書き込みや悪質なコメント、これと関連するすべての人身攻撃性発言について、弊社は打てる法的措置を動員して強硬たる対応をする予定だ」と付け加えた。

次は公式立場全文である。

こんにちは。JYPエンターテインメントです。

最近オンラインコミュニティで取り上げられている2015年10月に出版されたスジの写真集関連事案について申し上げます。

写真集全体の内容中、ごく一部の写真やワーディングを抜粋し作成された書き込みは、事実とは全く無関係で、レトロ、キッチュなどの企画意図を強調するために選んだ場所や衣装であって、撮影を行ったスジ本人や作家の本来の意図とは全く無関係であることをお知らせします。

この写真集の直接・間接的無断流布もまた、著作権や肖像権の侵害となり、悪意で作成された書き込みや悪質なコメント、これと関連するすべての人身攻撃性発言について、弊社は打てる法的措置を動員して強硬たる対応をする予定です。