力強さとバランス力を競い合う演目「ロシアン・バー」/OSA Images Costumes: Kym Barrett (c) 2010 Cirque du Soleil

写真拡大

世界最高峰サーカス・エンターテインメント集団“シルク・ドゥ・ソレイユ”による「ダイハツ トーテム」福岡公演が、2017年2月3日(金)より福岡ビッグトップ(筥崎宮外苑・福岡市東区)にて開催される。日本公演の動員数100万人を突破。多くの人を魅了している話題の公演だ。

【写真を見る】思わず息を呑んでしまうほどのスピードで回転、旋回「ローラー・スケート」/OSA Images Costumes: Kym Barrett (c) 2010 Cirque du Soleil

同公演は、“人類の進化”がテーマ。地球に命がうまれ、進化を続けてきた数億年の旅を表現するステージとなっている。

最も注目したいのが、シルク・ドゥ・ソレイユならではの技術と「プロジェクションマッピング」や「可動式ステージ」といった最新テクノロジーを用いた演出だ。人間の限界を超えた究極のパフォーマンスと、魔法のように次々と変化するステージは見逃せない。

世界中で賞賛を集め、とどまることなく常に進化を続けるシルク・ドゥ・ソレイユ。人間離れしたパフォーマンスの迫力に驚くこと間違いなし。福岡公演のチケットは好評発売中。ぜひその感動を生で体感してほしい。【福岡ウォーカー編集部/窪園由紀子】