手づくりの温もりが胸をうつ。自由が丘で自分好みのアクセサリーを探す

写真拡大 (全6枚)

「日本のカッコイイを集めたお土産屋さん」として人気を集める自由が丘のお店、『カタカナ』。カタカナには可愛い雑貨や食器、調味料など、幅広い国産アイテムが揃っていますが、アクセサリーも注目のアイテムのひとつです。
初雪ポッケ 浅野英雄・眞左子(京都)
「初雪が降った日の心の動きをポケットに入れて持ち続けたい」小さな感動を大切に、心に寄り添うアクセサリーを目指している『初雪ポッケ』。可愛らしい雰囲気につられて手に取ると、たしかな質感と大人のウィット感があります。木と金属を中心にアクセサリーや立体製作をしています。
F&F (大阪)

『F&F』では暮らしに寄り添った、持続可能なものづくりを目指しています。コンセプトは「おいしい料理を作るようにデザインすること」。材料をデザインで味付けした、植物を使ったプロダクトが自慢です。花のつぼみや、小枝、種子など、自然がこんなにも美しいものだと気づかせてくれます。まさに日々の暮らしを彩る道具たちと言えるのではないでしょうか。
eri, 深田恵里(埼玉)
「日常の観点」が少しだけ変化するようなジュエリーを―。そんな想いから、作品をひとつひとつ手仕事で生み出している『eri , by Eri Fukada』。誰かの手に渡ったとき、新たな彩りが加わることを楽しみに作品を製作しているのだそう。カラフルで少しシャープさがあるジュエリーを身につけて、自分だけのスタイルを見つけたいものです。
nishikata chieko 西方智衣子(山形)
「美しいを感じる」を大切に、金属のアクセサリーや鋳物の花器、オブジェクトなどを生み出している『nishikata chieko』。無機質なはずなのに、まるで美しい海の生物や、宇宙から見たどこかの惑星のように見えてくるアクセサリーは、アートと伝統工芸と日用品のちょうど真ん中にあるよう。すべての工程を山形のアトリエで製作しており、手のぬくもりを感じます。
 
カタカナでは、1月27日(金)まで「初春のアクセサリー展」が行われています。お店に足を運んだなら、自分好みのアクセサリーに出会えるかもしれません。

[カタカナ]
住所:東京都世田谷区奥沢5-20-21第一ワチビル1F
電話:03-5731-0919
営業時間:11:00〜20:00 / 定休日:不定休