オレ、どうかしてた! 「見かけで選んで後悔した」彼女の特徴6つ!

写真拡大

見た目がどんなに好みのタイプの人であっても、中身までは好みのど真ん中!というわけにはなかなかいきません。「外見はいいのに、中身は……」という経験をした女性もきっと多いはず。でも、そういう体験をしているのは、女性だけではありません。男性もまた、同じような後悔をしているのです。実際に「見た目は好みだったのにひどい欠点があった……」という女性と付き合ったことがある男性たちに、実体験を語ってもらいました。

(1)ワガママ!

・「とにかくワガママ。まわりからチヤホヤされてきたのだろう」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「顔が好みで付き合ったが、ワガママな性格で苦労し、結局別れた」(35歳/食品・飲料/営業職)

ちょっとしたワガママなら、男性もきっと、流すか受け止めてくれるでしょうが、度の過ぎたワガママに付いてきてくれる男性など、なかなかいません。

(2)性格がキツい……

・「見た目はとてもタイプだったけれど、とても性格のキツい人で、すぐに別れてしまった」(34歳/学校・教育関連/専門職)
・「外見はタイプだが、大体性格がキツくて失敗する」(34歳/電機/技術職)

普段の言動から、性格のキツさがにじみ出ている人もいますが、あまり表には出さず、深い関係の人にだけそういう一面を見せる女性もいますからね。付き合ってからではないとわかりません。

(3)お金が掛かる……

・「相手が海外旅行大好きで、お金のかかる趣味ばかりで大変そうだった」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「付き合ってみたら、浪費家で散々な目にあった」(31歳/通信/技術職)

付き合っていく上で、お金が掛かるタイプか、そうじゃないタイプかも、男性にとっては、交際を左右する要素。浪費家タイプと一緒にいて、自分まで浪費してしまったら大変ですからね……。

(4)束縛が激しい

・「すごい束縛タイプだった。自分は強要するくせに自由」(32歳/電機/技術職)
・「外見が好みで付き合った女性が、彼氏と毎時間連絡が取れないと嫌だというワガママだったり、束縛が激しかったりして、長続きしなかった」(35歳/食品・飲料/営業職)

ちょっと束縛する程度なら、ワガママと一緒で「しょうがないな」で許せるはず。でも、束縛も激しくなってしまえば、ただの人権侵害になりかねません。

(5)だらしない

・「生活がだらしない人。掃除ができなくて汚い」(34歳/運輸・倉庫/その他)
・「だらしない。部屋が汚い。めちゃ自己中」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

本当のプライベートな部分は付き合ってみないとわかりませんからね……。おうちデートをして、初めてそのだらしなさに気づくこともあるでしょう。

(6)浮気性

・「浮気性があり、完全に振り回されてしまった」(32歳/情報・IT/技術職)
・「付き合ったら、実はものすごい浮気性だった」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

浮気をしやすいか否かは、付き合う前に気づく人は気づくでしょうが、巧妙に隠すことができる人もいますからね。付き合ってから初めて、他の異性の影を感じる人もいるでしょう。

■まとめ

付き合う前と後では、お互いの心の距離がやっぱりちがってきます。だからこそ、他の人には見せない部分も相手に見せることになるのです。そういうとってもプライベートな一面を見て「こんな欠点は耐えられない!」と思うようであれば、交際を見直したほうがいいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22〜38歳の働く男性)