<キャリアビルダー・チャレンジ 2日目◇20日◇PGAウエスト他>

「キャリアビルダー・チャレンジ」の大会アンバサダーを務め、大会2勝を挙げるフィル・ミケルソンが大会を盛り上げる。25位タイから出たミケルソンは、ニクラストーナメントコースをラウンド。1イーグル・6バーディ・2ボギーの6アンダー、”66”をマークして通算10アンダー。首位と4打差の6位タイと優勝戦線に浮上してきた。

昨年10月の「セーフウェイ・オープン」に出場後、腰のヘルニアの手術を行ったミケルソンは、これが3か月ぶりの復帰戦。練習を始めたのは先週の土曜日からで、「ショットはあまりよくない」と、2日間のフェアウエーキープ率は57・14パーセント(106位タイ)、パーオン率は63・89パーセント(93位タイ)と数字が物語る。
それでも「一番練習しているショートゲームは調子いい。ショットでミスをしてもいいパーセーブができて、ボギーを最小限に抑えられている」とショートゲームに助けられている。雨風が強くなったバックナインは、1番(パー4)でガードバンカーからチップインバーディとするなど、4バーディ・ノーボギーの32にまとめた。
明日はスタジアムコース・アット・PGAウエストでのラウンド。3コースの中でもっとも難度が高い。「天気がいいのは助かる。少しボールを曲げると大けがをするコースだからね」と、初日、2日目は雨模様だったが晴天の予報に胸をなで下ろした。
「練習を始めたばかりだが、日に日に状態は良くなっている。ショットも昨日よりはいいショットが増えてきた。スコアも良くなっているので、週末までよくなっていくようにしたいね」。アンバサダーを務める大会で2013年以来の復活Vに勢いをつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨシくんMEMO #7】
【緊急街頭アンケート】松山英樹と錦織圭 メジャーで先に勝つのはどっちだ!?
『M』がフルモデルチェンジ!大流行シリーズの進化ポイントは?【M2編】