アプリから写真や書類を印刷できる場合、そのデータをPDFファイルにも変換する方法があります。iOSの機能だけで出来るので、専用のアプリやプリンタは必要ありません。

プリント機能でPDF化する方法

アプリによって操作方法は異なりますが、多くのアプリでは以下の形のボタンをタップすると・・・


【プリント】を含むメニューが表示されます。ここで【プリント】をタップしましょう。


画面下にプレビューが表示されるので、これをピンチアウトします。ウェブページや画像を拡大するときと同じ操作です。


プレビューが大きく表示されたら、左下のボタンをタップ。


プレビューに表示されている内容をPDFファイルにしたうえで、メールやメッセージで送信したり、iCloud Driveや対応アプリに保存したりできます。


iOSのプリントに対応したアプリなら、どんなアプリでもこの方法で書類をPDFに変換できます。ぜひお試しください。

PDF化で画像が切れてしまうときは

写真アプリで選んだ写真をプリント機能でPDF化する際、条件は判明していませんが、画像の一部が切れた状態でPDFファイルになることがあります。

そんなときは【プリント】ではなく、【PDFをiBooksに保存】でPDF化しましょう。この方法なら画像全体をPDFファイルにできます。


この【PDFをiBooksに保存】は、すべての場面で使えるものではありません。アプリ・PDF化するものに応じて【プリント】と使い分けましょう。

こちらもご覧ください。
PDFをiPhone・iPadで同期する方法

参考

iOS 10 How-To: Print to PDF from anywhere in iOS using 3D Touch | 9to5Mac