テレビドラマ「SUITS/スーツ」の女優メーガン・マークル (c)Imagecollect.

写真拡大

イギリスのヘンリー王子(ハリー王子)と交際中の女優メーガン・マークルが、ヘンリー王子の義理の姉にあたるキャサリン妃と初対面を果たしたと「ザ・サン」紙が伝えた。

ヘンリー王子とメーガンはノルウェーでの休暇からロンドンへ戻り、現地時間10日にウィリアム王子とキャサリン妃の住まいであるケンジントン宮殿に出向いたという。ジョージ王子は学校のため不在だったが、メーガンは生後20か月のシャーロット王女と一緒に遊んだようである。

この対面には大きな意味があったようで、関係者は「ケイト(キャサリン妃)はメーガンと会うことを本当に楽しみにしていて、これがハリーにとっていかに重要なのかわかっていました。ハリーの母親ダイアナ妃は若くして亡くなったので、ケイトは実の姉や母親のような存在なのです。彼らはとても親しく、ヘンリー王子はガールフレンドに対する彼女の意見を大切にしています」と語った。

またメーガンはキャサリン妃に誕生日プレゼントとして革製の本を贈ったそうで、ハリー王子がどれだけメーガンに真剣かということを表したという。彼は二人の関係を次のレベルへ進めたいと考えているようだ。