お酒の場は恋の戦場!男をトリコにする「ほろ酔い仕草」

写真拡大



「飲みニケーション」という言葉のように、お酒の場というのは人と人の距離を縮めます。しかし、泥酔して男性をゲンナリさせてしまう女性がいる一方で、男性のハートをわしづかみにしてしまう女性も!いったいそこにはどんな差があるのでしょうか?ここでは、合コンや会社の飲み会の席で使える、男性をトリコにしてしまう「ほろ酔い仕草」をご紹介します。

■■「ちょっと寝るね、ちゃんと起こしてね」と耳打ち

「バイト先の飲み会で同期の女の子が眠くなってしまったらしく、こっそりと“ちょっとだけ寝るから起こしてくれる?”って言われました。とろ〜んとした顔がめちゃくちゃ可愛かった」(20代/学生)

ほろ酔いしているときは、相手との距離をつかみにくいもの。そんなときに、そっと耳元でささやかれたらキュンとしてしまうでしょう。眠そうな顔で「ちょっと寝ちゃいそうだから、もし寝ちゃったら起こしてくれる?」と聞ける女子は上級者!こっそりとするお願い事は、「俺に頼ってくれた」という特別感も相まって、相手をトリコにさせること間違いなしです。

■■「いい匂いがする〜」と言いながら近づく

「職場の先輩が、○○くん、なんかいい匂いするね〜って言って首の匂いをかいできたこと。いきなりだったので心臓バクバクでした」(20代/IT)

女性から「いい匂い」と言われて嫌だと感じる男性はいません。ルックスがイマイチな男性や、一般的にかっこいい部類ではない男性にも気軽に褒めることができるのが匂い。「なんかいい匂いがするね」といって匂いを嗅ぎにいくことは、生理的に無理だと思われていない証拠。男性にとって心底嬉しいことなのです。嗅ぐときは首のあたりがベスト。ほろ酔いのふりをして近づいちゃいましょう!

■■恋愛の話をしてから「口説いてよ〜!」と突っ込む

「長年彼氏がいないという会社の先輩。どれくらい彼氏がいないかを話したあと、ちょっとにらみながら“口説いてよ〜”って言われて、ドキッとした。酔っているとはいえ、なんか嬉しかったです」(20代/広告)

ほろ酔い加減のときになら、少々大胆なことも言えるもの。「モテない」「彼氏ほしい」というフレーズは男性をゲンナリさせてしまいがちですが「口説いてほしいな」というおねだりは、男性を高揚させます。お酒の力を借りて、ちょっぴり強気にアピールしましょう。

■■返事をするときに敬礼する

「普段は冷静で仕事もできる同期の子が、飲み会の席でちょっと酔っぱらってた。仕事の話をしたときに、“了解です!”って言いながら、へたくそな敬礼ポーズをとっているのを見て、可愛すぎて惚れました。(笑) 日頃とのギャップがたまらん」(20代/IT)

リアクション上手は愛され上手。女性からみて少しぶりっこかなと思うくらいが男性にとってはちょうどいいもの。仕事上の話や、返事をするときは敬礼をして「了解です」と答えるのも、お酒の場だからこそできる「モテほろ酔い仕草」です。日常生活ではあまりできるポーズではないぶん、ほろ酔いのときに使いたいところ。事前に鏡の前で練習しましょう。

■おわりに

普段はなかなかできない仕草も、ほろ酔いならできるもの。アルコールの力を借りて、ちょっぴり大胆に迫ってみませんか?きっと彼も恋に落ちるはずですよ。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)