16日、米CNNテレビは中国旧正月の民族大移動を「地球最大の人類活動」と評している。写真は16年春節の帰省ラッシュ。

写真拡大

2017年1月16日、環球網は記事「拡大続く中国の春運、総移動距離は地球から土星に匹敵」を掲載した。

米CNNテレビは13日、「地球最大規模の人類活動」として、中国の「春運」を取り上げた。旧正月前後の帰省客、Uターン客、観光客の移動を示す言葉で、2017年は1月13日から2月21日までの40日間が春運期間として、公共交通機関の増発など特別体制が組まれている。

2017年の春運では鉄道旅客数延べ3億5600万人、航空旅客数延べ5830万人、水路旅客数延べ4350万人、道路旅客数延べ25億2000万人が予定されている。昨年の春運では旅客の移動距離は累計12億キロに達した。地球から土星までの距離とほぼ同等というまさに天文学的数字となった。(翻訳・編集/増田聡太郎)