1

体長4メートルをゆうに超えるアメリカ史上最大級の超巨大ワニが、フロリダ州の自然保護区を悠然と歩くという驚愕の光景が撮影されました。

Monster Alligator Spotted In Florida Could Set New Record

http://www.forbes.com/sites/ericmack/2017/01/17/monster-alligator-spotted-in-florida-could-set-new-record/

恐竜と間違えそうなほど巨大なワニが歩く様子は、以下のムービーから見ることができます。

Video Shows Massive Alligator In Lakeland - YouTube

この映像はフロリダ州の自然保護区「Circle B Bar Reserve」を訪れていたKim Joinerさんが、巨大なワニに気付いてスマートフォンで撮影し、Facebookにアップロードしたもの。一見すると何人かの観光客を撮影しているだけに見えますが……



右手の草むらから、のそりと恐竜のようなワニが出現。



人間に襲いかかる様子などは全くなく、動きはひどくゆっくりで、道を横断しても巨大すぎる体がすべて見えることはなく……



めちゃくちゃ長い尻尾を引きずりながら、草むらの中に消えていきました。このムービーが拡散されたことで「フェイクではないか?」とも言われていましたが、地元民の話によると、この巨大ワニは数年前から存在が確認されており、その巨体と曲がった背中から「Big Humpback(巨大な猫背)」という愛称まで付けられているとのこと。なお、アメリカで発見されている巨大ワニの最大記録は14.2フィート(約4.3メートル)ですが、Big Humpbackは14フィートから15フィートあると見られており、アメリカのワニの最大記録を更新する可能性もあるとのことです。