「Thinkstock」より

写真拡大

 立命館大学の中国人学者、周瑋生教授(56)が10月下旬、学会出席のために上海を訪れたあと、3カ月にわたって消息不明になっていることがわかった。なんらかの理由で中国当局によって拘束されているか、あるいは事件に巻き込まれて、日本在住の家族にも連絡ができない状態になっているとみられる。

 中国では一昨年から日本人男性3人と女性1人の計4人が逮捕され、スパイ罪で起訴されていることがわかっているほか、すでに釈放されているが、2013年には周氏同様、日本在住の中国人学者である朱建栄東洋学園大教授が、14年には神戸大学の王柯教授が、昨年3月には趙宏偉・法政大教授が中国で一時消息不明になった。

 これほど、日本人や日本関係者の拘束や逮捕が続くのは習近平指導部が発足してからで、日本人や中国人に限らず、日本在住の研究者らの間では「出張でおちおち中国に出かけられない」との不満の声が出ている。

 周教授は浙江省出身で、学生時代に日本に留学し、立命館大学で教鞭をとるかたわら、中国政府が積極的に開設を推進する中国語の学習機関「孔子学院」では立命館孔子学院の初代学院長を務め、現在は名誉学院長を務める。2007年に来日した温家宝首相の同大視察の実現に大きな役割を果たしたとみられるほどの、中国共産党政権べったりの人物だ。

 仮にその周氏が中国当局によって拘束、取り調べを受けているとなると、よほどの理由があるのだろうが、少なくとも反体制派ではないことがわかっているだけで、彼に関する情報が一切なく、今のところ想像の域を出ない状態だ。

 これまでの例では、朱教授の場合は、沖縄県尖閣諸島を中心とする日中関係に関する情報について、国家機関から取り調べられたと伝えられる。また、王教授の場合、少数民族の独立派との接触があったといわれている。

 日本人の4人については、すでに全員が逮捕され、スパイ罪で起訴されていると伝えられ、あとは判決を待つばかりのようだ。

 この4人のうち、ある男性は北朝鮮からの脱北者の2世で、中朝国境の吉林省をしばしば訪問し、脱北者の支援をしていたとされる。また、もう一人の男性は浙江省の中国海警の基地になっている島を訪問した際に逮捕されたとの情報が伝えられる。

 この2人について中国外務省スポークスマンは、「中国でスパイ活動を行った」と発表。これに対して、菅義偉官房長官は一貫して「日本はスパイ活動に従事していない」と否定している。

 中国では習近平指導部が12年11月に発足後、「海外の反中国勢力」の流入を警戒し、取り締まりや監視を強めており、14年11月にはスパイ行為を具体的に定義した「反スパイ法」が施行されており、国内外の組織や個人が国家の安全に危害を及ぼす活動や、国家機密を盗み取ることなどをスパイ行為と定めるなど、個人のほか、NPO組織、人権団体などが監視対象になっているようだ。

 これまで、国家機密を入手した罪で起訴された日本人が受けた量刑としては、1996年の裁判で懲役8年の判決がある。中国国外の諜報機関の一員として国家機密を収集していたとなると、10年以上の懲役刑から最高刑は死刑。組織的、計画的ではない国家機密探知罪ならば、懲役3年以上10年以下の判決となるのがほとんどだが、それにしても、中国の監獄での生活は身体にこたえることは間違いない。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)