アニメ化の決まった「ボールルームへようこそ」 (C)竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

写真拡大

 「月刊少年マガジン」(講談社刊)連載の竹内友氏による漫画「ボールルームへようこそ」のテレビアニメ化が決定した。プロダクションI.Gの制作で今夏放送開始を予定している。

 同作は、社交ダンスをテーマにした青春物語。何をすればいのいかわからない平凡な中学生・富士田多々良が、ある出来事をきっかけに社交ダンスと出合い、自分を変えるために、社交ダンスの世界へと飛び込んでいく姿を描く。

 アニメ化決定にともない「青春を、熱く踊れ。」のキャッチコピーとともに、第1弾キービジュアルや、第1弾プロモーションビデオが公開された。同PVはロックバンド「UNISON SQUARE GARDEN」とコラボレーションしており、OAD「夜桜四重奏 〜ツキニナク〜」のエンディング主題歌「シャンデリア・ワルツ」がBGMとして使用されている。そのほか、アニメ版公式サイトとTwitterアカウントも開設された。

 制作に携わるスタッフは、劇場アニメ「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」でキャラクターデザインを務めた板津匡覧を監督に迎え、シリーズ構成、脚本を「舞台 刀剣乱舞」の末満健一、キャラクターデザインを「デュラララ!!×2 承」の岸田隆宏、音楽を「僕のヒーローアカデミア」の林ゆうきが務める。