任天堂スイッチ、本体買い換えでもVCの「引っ越し」不要に。バーチャルコンソールはアカウントひも付けと明言

写真拡大

米任天堂CEOのレジーさんことReggie Fils-Aime 氏がGameSpotのインタビューにて、VC(Virtual Console/懐かしのゲームが遊べるサービス)のタイトルがニンテンドーアカウントと結び付けられる、いわゆる「アカウント紐づけ」であると明らかにしました。少なくともニンテンドースイッチについては、本体を買い替えてもソフトの引っ越し作業や買い直しの必要がなくなり、ソフトを再ダウンロードすればプレイできるもようです。

任天堂のダウンロード販売タイトルは、従来は購入してインストールした特定のハードでしか遊べない「コンソール紐付け」でした。新品のハードで遊びたい場合は、「引っ越し元」から「引っ越し先」へのデータ移行作業が必要で、引っ越した後は以前のハードからソフトが消去。そのことを知らず、Wiiで買ったVCタイトルを「後からWii Uで再ダウンロードできるだろう」と本体ごと処分してしまった筆者は泣きを見ました。



今回のコメントにより「ニンテンドースイッチ用VCについて」「ニンテンドースイッチ間で引っ越し作業なしに移行できる」ことは確定。裏返せば「Wii U用のVC」には言及されていないため、そちらはアカウント紐付けされない可能性があります。すでに購入しているVCタイトルは、Wii Uの本体ごと大切に保管したほうが無難そうです。

またアカウント紐付けがVCのみとは考えにくく、他のダウンロード版ソフトも同様の方式になるかもしれません。たとえばソニーのPS Storeでは一本のソフトは合計5台まで機器認証した上でインストールできますが、「一本のソフトで家族みんながマイハードで楽しめる」ならニンテンドースイッチ本体の購買意欲も高まりそうです。